カシオ計算機は、オンライン学習ツール「ClassPad.net」にて、新たに電子辞書“EX-word(エクスワード)”オンライン版を提供すると発表しました。2021年4月から一部の機能が使えるベータ版を、同年9月からVer1.0を提供します。

ClassPad.netは、専用のWebサイトで関数計算やグラフ描画ができるサービスで、新たにEX-wordのオンライン版を追加したのが今回のトピックです。

EX-wordのオンライン版には、英語、国語、数学、地歴、公民、理科の高校6教科に対応した22コンテンツを収録。学校現場で使用頻度の高いとされる「ジーニアス英和/和英辞典」や「明鏡国語辞典」などを取りそろえます。

EX-word ClassPad.net

EX-word ClassPad.net

辞書の閲覧だけでなくデジタルノートと連動するのもポイントです。具体的には、調べた言葉の説明をノート内に引用できます。また、必要に応じて、メモの添付やスタイラスペンを用いた書き込み、画像や動画といった素材の貼り付けもできます。

内容を簡単に共有できるため、授業中のノートやメモの作成、先生への課題の提出、先生による指導、復習、予習というサイクルをClassPad.net内で完結できるとしています。

EX-word ClassPad.net
▲デジタルノートが辞書と連動するほか、メモ、画像、動画の貼り付けもできる

税込みの料金は、高校在学中の3年間の利用で1万3000円。ただし、9月からの利用のため2022年3月までに導入した場合は1万2000円。高校在学中の1年間ごとの利用の場合は5000円になります。

対応OSは、Windows、Mac OS、Chrome OS、iOS、iPad OS、Android。パソコンやタブレットの場合が1280x1024ピクセル、スマートフォンの場合が縦向きでの利用を推奨しています。

推奨ブラウザーは、Google Chrome、Mozilla Firefox、Chronium Edge、Safari。なお、いずれもJavascriptとCookieが有効になっている状態で、TLS1.2通信が行える環境下での利用を想定しています。

また、学校や自治体関係者を対象とした説明会を3月13日に開催予定。放送大学の中川一史先生による今後の教育におけるICT活用についての講演を行います。詳細の確認や申し込みは、特設ページにて受け付けています。

Source:カシオ計算機