CASIO
CASIO

カシオ計算機は10月5日、耐衝撃性ウォッチG-SHOCKシリーズの「DW-5000C」や「DW-5600C」など、すでに保守が終了している8機種について、ベゼルやバンド、電池交換を行うレストアサービスを期間限定で実施すると発表しました。受付期間は10月5日~2022年1月18日まで。費用は1万560円。申し込みが多数の場合、早期に終了する可能性もあるとしています。

いくらタフネス仕様のG-SHOCKとはいえ、長く使っているうちにパーツが加水分解でボロボロになってしまったり、タフネスゆえにラフに使いすぎて傷だらけになっていたりと、本体はまだ動いているのに使えない、ということも多いといいます。レストアサービスは、そのように長くG-SHOCKを使ってくれているロイヤルファンをサポートし、より結びつきを強くする施策の一つ。

なお、レストアサービスは2018年にも1983年発売の初代モデル「DW-5000C」、1987年発売の「DW-5600C」を対象に実施されたことがあります。

今回対象となっているのは、「DW-5000C」「WW-5100C」「DW-5200C」「WW-5300C」「DW-5600C」「DW-5800C」「DW-1983」「SWC-05」の8機種。

CASIO
CASIO

綺麗になった思い入れのある時計を飾って楽しめるよう、スタンドとしても使えるレストアサービス専用のパッケージで返送されます。

CASIO
CASIO

Source: CASIO