NTT西日本は1月15日、福岡市内8か所の公衆電話ボックスでモバイルバッテリーのシェアリングサービス「ChargeSPOT」を使えるようにする実証実験を始めました。ChargeSPOTは、専用アプリからスタンドを探し、モバイルバッテリーをレンタルできる有料サービス。NTT西日本の発表によりますと、実証実験はおよそ6か月間行い、利用頻度や採算性を見極めたうえで、設置場所の拡大を検討するほか、災害時には無料で提供するとしています。

利用者は、専用アプリまたはLINE公式アカウントを立ち上げ、最寄りの設置場所を確認し、スマートフォンのカメラでスタンドのQRコードを読み取ることで、モバイルバッテリーを借りることができます。利用料は1時間未満165円(税込み、以下同)で、48時間未満は330円、利用日数が7日を超えた場合は2508円を負担する必要があります。決済は事前登録したクレジットカードや電子決済サービス「LINE Pay」などで行えます。

モバイルバッテリーを受け取れる場所は次のとおりです。

  • 博多消防署冷泉出張所前

  • 中洲交差点東(ゲイツ前)

  • 中洲交差点西(セブンイレブン前)

  • 清流公園

  • アクロス福岡前

  • 天神平和ビル前

  • 天神サザン通りプロント前

  • 天神サザン通り新天町入口横


source:NTT西日本