People wearing face masks walk past an Apple store in Wuhan, in Chinas central Hubei province on May 26, 2020. (Photo by Hector RETAMAL / AFP) (Photo by HECTOR RETAMAL/AFP via Getty Images)
AFP via Getty Images

アップルが中国のApp Storeで、何千ものゲームのアップデートを凍結したと報じられています。

英Financial Times報道によると凍結の理由は、それらのゲームが中国の規制当局からの公式ライセンスを得ていないためとのことです。今回の件に先立ち、米Bloombergは2月時点でアップルがアプリ開発者らに、6月30日までにライセンスを取得するよう告知したと報じていました。

そして7月になった今、アップルは開発者に対して、ライセンスなしでゲームを更新できないと通達したとのこと。すなわち同社は警告を実行したことになるわけです。

もともと中国では2016年以降、有料またはアプリ内購入を提供しているゲームはすべて事前に規制当局に提出し、公開前にライセンスの取得が義務づけられています。HUAWEIやXiaomiが運営するアプリストアでも遵守が徹底されており、むしろアップルのApp Storeがライセンスなしのゲームを配信できたことが例外的だったと言えます。

中国のApp Storeでは約6万のゲームが配信されており、過去10年間で付与されたライセンスはわずかに4万3000件で、2019年には約1570のライセンスが発行されたに過ぎなかったとのことです。

それほど多くのライセンスを取っていないアプリがお目こぼしされてきた背景には、規制当局からの承認を待っている間にApp Storeで公開できてしまう慣行があったたため(暴力表現を含み、検閲を通過する可能性が低いグランド・セフト・オートシリーズも配信されていたほど)。が、それがついに終了するといった事情通の話を、上記のBloomberg記事は伝えていました。

コンサルタントグループAppinChinaのトッド・クーンズ氏は「アップルがどうやって2016年のライセンス規則の実施をこれほど長く避けられたのかは、明らかではありません。しかし、米中貿易戦争が今年初めに加熱し始めたことを考えると、タイミングが疑わしい」として、中国政府の意向が影響したかもしれないと示唆。さらにアップルはこの動きにより、最大で8億7900万ドル(約945億円)の売上を失う可能性があると見積もっています。

2019年末に香港での民主化を求める動きが激しさを増していたさいに、アップルが警察追跡アプリの取り下げと承認の間で揺れ動いていたこともありましたが、それは裏返せば、以前はApp Storeが中国の規制から比較的自由だったということでしょう。アップルは米国を代表する企業として、今後も米中関係の悪化による逆風のなかで厳しい決断を迫られるのかもしれません。

Source:Financial Times

Via:MacRumors