A person scans the QR code of the digital payment services WeChat Pay at a fresh market in Beijing, China August 8, 2020. REUTERS/Thomas Peter - RC2H9I9YYSZD
REUTERS

中国は2月7日、ECサイトなどを展開するプラットフォーム企業を対象とした新しいガイドラインを発表しました。このガイドラインでは、売り手に対する独占行為の強制を禁止しており、どのような行為が独占行為にあたるのかを明確にしています。

「プラットフォーム経済における独占行為を防止し、市場における公正な競争を保護し、消費者の利益と社会の公益を保護するため」にガイドラインを制定したとのことです。ガイドラインによると、売り手に対して、他のプラットフォームでの販売を禁止したり、他よりも安い価格での販売を強制するようなことが禁止行為として例示されています。

中国では2020年からアリババグループやJDドットコムなどの大手プラットフォーマーに対する規制を強化しており、新しいガイドラインもその規制強化の一環です。なお、ガイドライン制定に関するQ&Aの中で、2021年の経済に置ける主要なタスクの1つとして独占禁止の強化を挙げており、プラットフォーム経済の秩序ある、革新的で健全な発展を促進するとしています。

via: Reuters

Source: 国家市場監督管理総局