Chrome 90

米グーグルはChromeブラウザのバージョン90(以下、Chrome 90)の配布を開始しました。

Chrome 90では、HTTPSでの通信がデフォルトとなっています。HTTPSとは、通信を暗号化することでその内容が覗き見されないようにする技術。また暗号化とともに、「SSLサーバ証明書」を利用して安全性を高めています。

そしてChrome 90でのHTTPSの標準化は、以前から宣言されていました。これにより、HTTPかHTTPSかが明示されていない接続はまずHTTPSを試すようになります。

そして、ハイライト部分のリンクの作成も可能になりました。これはWikipedia(ウィキペディア)の1文を友人にシェアする際に、「#」で終わるリンクを作成して送信することができ、アクセスする側は自動でハイライト部分にジャンプすることになります。この機能はデスクトップ版とAndroid版に搭載されていますが実際に利用できるのは少し後となり、iOS版では「近日公開」される予定です。

また、動画コーデック「AV1」もサポートされています。AV1は高い圧縮率を実現したロイヤリティフリーのコーデックで、Netflix(ネットフリックス)のモバイル版でも採用されています。

そしてChrome 90では新しいPDFビューワーも搭載されています。こちらでは2ページ表示かつワンクリックでズーム、ページへのジャンプ、保存、印刷ができるツールバーを備えています。

Chromeブラウザの更新はブラウザを再起動するか、あるいはメニューバーや設定メニューの「About Google Chrome(Google Chromeについて)」から可能です。また更新にはセキュリティアップデートも含まれているので、早めに更新しておきましょう。

 

Source: Chrome Blog, Chromium Blog