ようやく可能に! 標準ブラウザをChromeに設定しよう:iPhone Tips【iOS 14】

Safariも便利だけれど

友納一樹(TEKIKAKU)
友納一樹(TEKIKAKU)
2020年09月29日, 午前 07:10 in iphone
0シェア
FacebookTwitter
iPhone Tips

正式版がリリースされたiOS 14では、「Chrome」をデフォルトのブラウザアプリに設定できるようになりました。変更後は、共有されたURLなどをタップするとSafariではなくChromeでページが開くようになります。

それでは手順を紹介します。

Gallery: ようやく可能に! 標準ブラウザをChromeに設定しよう:iPhone Tips【iOS14】 | of 4 Photos

  • Image Credit: Engadget Japan
  • Image Credit: Engadget Japan
  • Image Credit: Engadget Japan
  • Image Credit: Engadget Japan

デフォルトアプリを選択

まずは「設定」アプリで「Chrome」のページに進みます。次に「デフォルトのブラウザApp」をタップ。デフォルトに設定できるアプリが表示されるので、「Chrome」を選択しましょう。

iPhone Tips
▲▲「設定」で「Chrome」を選択(左)。「デフォルトのブラウザApp」をタップし(中)、「Chrome」を選びましょう(右)

設定はこれだけ。メールなどで送られてきたURLをタップすると、「“〇〇”が“Chrome”を開こうとしています」と表示されるので、「開く」を選択(2回目以降はこのポップアップは表示されません)。Chromeでページが開きます。

iPhone Tips
▲URLをタップし(左)、初回時のみ「開く」を押します(中)。すると以後はChromeでページが開きます

EdgeやFirefoxでも設定できる

ちなみに、デフォルトアプリにはChromeだけではなく、「Microsoft Edge」「Firefox」も設定可能。自分の使いやすいものに設定しておきましょう。

iPhone Tips
▲「Microsoft Edge」「Firefox」も選択できます

【Engadget Live】iPhone 12発売日速攻レビュー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: iphone, iphone tips, iOS 14, iphonetips, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents