GoogleはChromium Blogにて、モバイルデバイス向けOS「Chrome OS」の更新頻度を4週間毎へと高速化させる方針を発表しています。

Googleによると、Chrome OSは2021年第4四半期(10月〜12月)にリリースされるバージョンM96から、新たなアップデートスケジュールが始まるとのこと。これにより、ユーザーは素早く追加機能やセキュリティアップデートを受け取れるようになります。

GoogleはChrome OSだけでなく、Chromeブラウザも今年の第3四半期(7〜9月)より4週間毎にアップデートすると表明しています。また、Chrome OSのバージョンM95はChromeブラウザとのアップデートタイミングの同期のために、スキップされる予定です。

さらに学校や企業など頻繁な更新が必要でない組織に向けて、GoogleはChrome OSの6ヶ月毎のアップデートも提供します。こちらも、Chrome OS M96のタイミングからリリースが開始されます。

2011年から搭載ラップトップが市場に投入されたChrome OSですが、Googleは高速アップデートにより、その完成度をさらに高めようとしているようです。

 

Source: Chromium Blog