Chromebook
Google

もともと教育向けとして人気があり、コロナ禍においてはさらに需要が高まっているChromebook。Googleはさらに教育機関向けに使いやすいものにしたいと考えており、2021年には40台の新しいデバイスとアクセシビリティの改善を予定しているとのこと。これに加えて、Chrome OSにスクリーンレコード機能が追加されます。

Android 11でも標準機能として追加されたスクリーンレコードは、文字通り画面の動きを動画として記録するもの。仮想学習が増えているので、教師が画面で資料を解説しながらその操作を記録して生徒に配布するといった使い方が捗りそうです。この機能は3月のアップデートで提供されるとのことです。

このほか、アクセシビリティ機能の改善としては、Chromebookに組み込みのスクリーンリーダーであるChromeVoxをアップデートし、チュートリアルの改善やメニューの検索機能、テキストの言語の基づくスクリーンリーダーの音声切替え機能などが予定されています。

また、自宅学習向けの機能として、保護者がファミリーリンクで管理している子供のアカウントに、学校で利用しているGoogle Workspace forEducationのアカウントを紐付けられるようになります。これにより、保護者が使用できるアプリなどを制限しつつ、学校のアカウントで必要なアプリやウェブサイトにもアクセスできます。

なお、2021年に発売する40台のデバイスについては、その詳細は明かしていないものの、多くがコンパーチブルタイプになるようです。スタイラスやタッチスクリーンのサポートはもちろんのこと、遠隔授業が当たり前になっているためかデュアルカメラも搭載しているとのこと。また、LTE接続をサポートするモデルも増えるようです。

これらのChromebookを、目的に応じて選びやすくするためのガイドも公開されています。ただ、こちらは残念ながら英語のみ。今後、日本語版の公開も期待したいところです。

Source: Google