Android版Chromeで、PWA(プログレッシブウェブアプリ)の新しいインストールインターフェイスが採用されています。

PWAとはブラウザウィンドウ内でネイティブアプリのように動作するウェブアプリを意味します。最近はPCやモバイル環境でもPWAが増えており、グーグルのクラウドゲームサービス「Stadia」でも、iOS環境のみですがPWAでのプレイが可能です。PWAはWebサービスの一部であるため、ストアでの審査を通す必要がないなどの特徴があります。

これまでAndroid版ChromeでPWAをインストールする際には、画面下部に表示される通知をクリックしてプロセスを進める必要がありました。しかしこの通知は小さく、ユーザーが見逃す可能性がありました。またその後のインストールボタンも、あまり格好のいいものではありませんでした。

しかし新しいPWAのインストールインターフェイスは画面下部を大きく専有する目立つデザインで、さらにアプリの詳細やスクリーンショットが表示されるなど、よりストアのアプリらしいインターフェイスとなっています。また「Install(インストール)」も見やすく青いボタンへと変更されています。

現在はTwitterで利用できるこの新しいPWAインターフェイスですが、他のサイト管理者でも、サイト詳細に「description(解説)」「screenshots(スクリーンショット)」を追加することで利用できます。

新しいPWAインターフェイスは現時点でAndroid版Chromeのみで利用可能ですが、今後は対応PWAの増加や、iOS版Chromeでの対応にも期待したいところです。

Source: Google, Twitter

Via: 9to5Google