Chrome
Anadolu Agency via Getty Images

Googleが、毎日更新される開発者向けのChrome Canaryビルドにて、検索履歴をグループ化するJournysと呼ぶ新機能のテストを開始しました。

通常、Chromeの履歴表示では時系列で閲覧したサイトが並びますが、Journeysでは検索したキーワードと、そこから表示したサイトをグループ化して表示します。これにより、あとで履歴を確認する際に、検索して表示したサイトを見つけやすくなっています。また、グループ化された検索履歴には、関連しそうな検索ワードの候補も表示されます。

Chrome
Google

なお、Journys機能を使わず、従来の履歴表示にすることも可能なほか、グループ化された結果を削除も可能です。いまのところ、デスクトップ版のChrome Canaryビルドでしか利用できず、他のデバイスの履歴は反映されません。ただ、テスト結果とフィードバック次第では、複数デバイスの履歴が反映される可能性もあるとしています。

ちなみに、利用するには、Canaryビルドで「chrome://flags/#history-journeys」を有効にし、「chrome://history/journeys」にアクセスします。

もう一つ、Chrome OSのDevチャネルでは、サイドパネル機能のテストが開始されています。こちらは、何かを検索し、そこから特定のサイトを表示した際に、アドレスバーの横に表示されるアイコンをタップするとサイドパネルに検索結果を表示できるという機能。タブを切り替えたりすることなく、すぐに他の検索結果に移動し、内容を見比べることができます。

Chrome OS
Google

現在はChrome OS Devチャネルのみでテストされていますが、将来的にはより多くのプラットフォームに展開し、他の検索エンジンもサポート予定とのことです。

Source: Google