Google Chrome
Google Chrome / Engadget

Google の Chrome ブラウザに、待望の「グループ化したタブを畳む」機能が加わりました。

大量に開きすぎてどれがどれだか分からなくなったタブも、グループ化すれば1クリックでアイコンサイズに最小化して、必要に応じてまた開いて管理できます。

Google Chromeは豊富な拡張機能によるカスタマイズが魅力のひとつですが、タブの管理については拡張から触ることができず、他社にブラウザにあったタブのグループ化やツリー化には公式でも拡張でも長らく対応しませんでした。

Google Chrome
Google Chrome

今年の5月になってようやく「タブのグループ化」機能が加わったものの、当初使えたのはグループにまとめる、名前をつけて区別しやすくする、まとめて閉じたり別窓で開くなど。

Chromeがついにタブのグループ化対応。ベータで有効化

肝心の「グループごとに畳んで必要なときだけ開く」は本日以降のアップデートからやっと使えるようになります。

Chromeでタブをグループ化する・タブグループを開く・閉じる方法

Google Chrome
Google
  • タブグループを畳む・開く
    ➡ グループ左端のアイコンを左クリック。するだけ。

まずグループ化していないと畳めません。

  • タブをグループ化する
    ➡ まず親となるタブのうえで右クリックメニュー。「タブを新しいグループに追加」を選ぶ。

    すでに別のグループがある場合は、「タブをグループに追加 >」から新しいグループか既存のグループを選べる。

  • タブグループにタブを追加する
    ➡ グループのうえにタブをドロップ (既存のタブを追加する場合)
    ➡ グループのタブ上の右クリックメニューから「右隣に新しいタブを開く」
    ➡ グループ内のページのリンクから「新しいタブで開く」(中クリック)で同じグループで開く

検索結果など多数のリンクが並ぶページから、中クリックやCtrl + クリック(Macではコマンド+クリック)で「新しいタブで開く」すると、同じグループでタブを開いて、まとめて畳んだり移動できて便利。20世紀に戻ってOperaの使いかたを書いている気分です。

Google Chrome
Google Chrome
  • タブグループを管理する(名前をつける・アイコンを選ぶ・グループ解除・移動・閉じる)
    ➡ タブグループを作ると、左端に丸いグループのアイコンが現れる。右クリックメニューから名前をつける、アイコンの色を選ぶ、グループを別窓に移動、まとめて閉じる(畳むではなく閉じる)、グループ解除、新規タブをグループに追加などが選べる。

このほか Chrome ブラウザの最新バージョンまたはベータには、以下のような新機能または改善が含まれます。

  • タブを開く速度が最大10%高速化。

  • タブレットモードで、タッチで使いやすい新タブインターフェース導入。まずはChromebookから

  • アドレスバーに入力中、すでに開いているタブに移動する候補を表示 (Android)。PCではすでに利用可能

  • タブ上にホバーでサムネイルつきタブプレビュー (ベータ)

  • PDFフォームにChrome上から入力、ダウンロード

  • ページをQRコードで共有。タブの右クリックメニューから (デスクトップ)。Androidは対応済

Chromeのバージョンアップと新機能は段階的に展開されるため、すぐに利用可能になるとはかぎりません。

最新機能を真っ先に使いたい場合、ベータを導入するか、自己責任で設定の flags から実験的機能を手動で有効にすることで、タブグループを畳む・開くを含めて利用できるようになります。