米グーグルはメディアプレーヤーの「Chromecast with Google TV」がApple TVアプリに来年初旬から対応すると発表しました。

これにより、Chromecast with Google TVにてApple TV+の視聴が可能(別途サブスクリプションが必要)になります。またグーグルは、同デバイスが「すべての主要な動画ストリーミングサービスを利用できる数少ないストリーミングデバイスの1つになる」と主張しています。

Apple(アップル)のサービスとグーグルデバイスの連携としてはその他にも、同社のスマートスピーカーとスマートディスプレイでもApple Musicが先日から利用できるようになりました。

グーグルによれば、Android TV OSを搭載したその他のデバイスにもApple TVアプリが将来的に配信されるとしています。メーカーの垣根を超えたサブスクリプションサービスの展開が、ますます当たり前のものになりつつあります。

Source: Google