Google Japanは『Chromecast with Google TV』を11月25日に国内発売します。本体価格は税込7600円。予約はGoogleストアなどの販売店やオンラインサイトで本日(11月18日)より受け付けます。

関連
新 Chromecast は4K対応でリモコンつき、新生 Google TV 搭載で単体完結

『Chromecast with Google TV』は、テレビのHDMI端子に挿すChromecastシリーズの最新モデルです。

最大の特徴は、小さなリモコンが付属する点、そして新しいスマートテレビインターフェースの Google TV を搭載して、スマホ不要でネット動画やテレビなどのコンテンツを見つけて楽しめる点です。

これまでのChromecastは独自のインターフェイスを持たず、スマホやPCからコンテンツをキャストする必要がありました。一方の本モデルでは、付属のリモコンを使って、テレビの大画面でコンテンツを探して再生できます。従来どおりスマホなどからのキャストにも対応します。

搭載するGoogle TVソフトウェアはAndroid TVをベースにしており、Googleの担当者によると、Android TV向けのアプリであればほぼ全て動作します。

YouTube・Netflix・Hulu・Amazon Prime Videoのような海外動画サービスだけでなく、FOD・TVer・Paraviといった日本の動画配信サービスにも対応します。

リモコンはBluetoothのほか赤外線通信に対応。テレビの「電源オン/オフ」や「入力切替」操作もこなせます。「Netflix ボタン」や「YouTube ボタン」も搭載しますが、これらは任意のコマンドを割り当てられるショートカットボタンとしても機能します。

マイクを搭載しており、Googleアシスタントを経由した音声操作にも対応します。音声操作は単に作品名だけでなく「アクション操作を探して」といった、ジャンルを括ったおおまかな検索にも対応します。

ハードウェア仕様としては、4K HDR 60fps に対応。HDRはドルビービジョンにも対します。なお、HDRを楽しむには接続したテレビ側もHDR対応の必要があります。

カラーは「Snow」「Sunrise」「Sky」の3色展開で、このうち「Sunrise」と「Sky」はGoogleストア限定色です。

なお、Googleストア限定で、Netflixの6か月契約(スタンダートプランで6か月分・合計7200円相当)とChromecast with Google TVがセットで税込1万1200円のバンドル製品も提供します。こちらはNetflixの既存ユーザーでも利用できます。