CHUWEI LarkBox

中国CHUWIがIndiegogoでクラウドファンディングを実施中の小型PC「LarkBox」のサンプルを送ってもらったので、簡単なレビューをお届けします。

手のひらに載るサイズのLarkBoxは、これだけ小さいにもかかわらず、CPUやメモリ、ストレージなども備えた立派なデスクトップPC。HDMIポートも備えており、4K出力にも対応しています。

CHUWI Lark Box
▲iPhone 11 Proと大きさを比較

サイズは61x61x43mmで重さは127g。「持ち運びに便利」ということになってはいますが、別途ディスプレイや電源、キーボード、マウスを用意することを考えると持ち運びには向いていない気もします。

パッケージにはVESAマウント用の金具やネジも含まれており、これを利用してディスプレイの裏に固定が可能です。どちらかといえば、自宅やオフィスで省スペース的に使うデバイスです。

CHUWI Lark Box

インターフェースは、4K出力に対応したHDMIとUSB-A(3.0)が2ポート。USB Type-Cは電源用で出力には利用出来ません。このほか、側面にmicroSDカードスロットと3.5mmオーディオジャックがあります。

CHUWI Lark Box

電源用にはUSB Type-CのACアダプタが付属。なお、今回送ってもらったものはちょっと大きめでしたが、製品版にはもう少し小型のものが添付されるとのことです。

※訂正(2020/07/10): 初掲時、USB PD対応のACアダプタが付属していると記載しましたが、LarkBox自体はUSB PD非対応でした。お詫びして訂正いたします。

CHUWI LarkBox
▲本体と比べるとACアダプタの大きさが目立つ

CHUWI LarkBox
▲右が製品版のアダプタ。なお、仕様としては12V/2A対応でした

CPUはCeleron J4115。もともとはCeleron N4100を採用予定でしたが、途中でよりハイスペックなJ4115に変更された経緯があります。この型番、Intelのサイトには載っていないのですがCHUWIによると動作周波数は1.5GHz~2.5GHzでTDP10Wとのこと。なお、CPU-Zで確認すると、ベースクロックは1.8GHzとなっていました。

CHUWI LarkBox
▲CPU-Zではベースが1.8GHzの表示。J4105のオーバークロック版でしょうか

メモリはLPDDR4 6GB、ストレージは128GBのeMMC。ストレージに関しては、底面を開けるとM.2 2242スロットがあり、そこに最大2TBのSSDを増設可能になっています。そのほかの仕様としては、。Wi-Fiは802.11 ac/a/b/g/n(2.4GHz/5GHz)でBluetoothは5.1。

CHUWI LarkBox
▲底面ゴム足部のネジを外すと簡単に外れます

CHUWI LarkBox
▲開けるとM.2 スロットにアクセス可能

肝心の使い勝手ですが、特にどうのこうのと言う必要がないほどに、普通に動きます。

CHUWI LarkBox

ベンチマークをみるとCINEBENCH R20の結果は553pts。これはCore m3-8100YのUMPCと同等か、やや低い程度の結果です。

CHUWI LarkBox
▲CINEBENCHの結果は553pts

ただ3D MarkやPC Markの結果は少し低め。とはいえ、動作的には特にストレスは感じません。

CHUWI LarkBox
▲3DMark(Time Spy)は136

CHUWI LarkBox
▲PCMARK10は1636

さすがにゲームなどは厳しいですが、ブラウザやYouTubeで4K動画視聴などの用途であればまったく問題ありません。

ちなみに、Minecraft Dungeonsは、スペックが低すぎると警告が表示され、実際に動作もカクカクでプレイするには厳しかったです。

CHUWI LarkBox
▲プレイできなくはないですが、かなりストレスが溜まります。やはりゲームには不向きでしょう

本体が小さく、それにあわせてファンも小さいためか、風切り音がしますが、動画を再生していたり、エアコンがかかっていたりすると、そちらの音のほうが大きく感じるレベルです。

LarkBox

持ち歩くのなら、UMPCを含めたモバイルノートのほうが絶対に便利ですし、自宅のメイン端末としてはやや力不足な感もあります。それでも、リビングのテレビに接続したり、4K出力を活かしたホームシアター用途、この時期ならではの子どものオンライン学習やテレワーク用など、使い途はいろいろとありそうです。

Indiegogoでのクラウドファンディングは7月24日まで。セカンドPC用途や、なにより小さいガジェットが好きという人にはオススメしたい端末です。

関連リンク:LarkBox(Indiegogo)