Clubhouse
SOPA Images via Getty Images

音声チャットサービスClubhouseは現在iOSアプリのみが提供されていますが、4月初めにGoogleと連携してAndroid版の開発を進めていることが明らかになっています。そして今週、Android版の正式配信に先だち、ベータテストを開始するとのアナウンスが出されました。

2日(現地時間)に発表されたClubhouseの最新リリースノートでは、Android版アプリの“ラフ”なベータ版を「一握りのフレンドリーなテスター」向けに提供を始めたと述べられています。これは公に参加者を募集しないクローズドベータテストであり、一般ユーザーは正式配信を待つほかありません。

しかし、続けて「今後数週間で、より多くのAndroidユーザーの皆様をClubhouseにお迎えできることを楽しみにしている」ともあり、まもなく公式配信すると示唆されている模様です。3月末時点でClubhouseは「あと2~3ヶ月かかる」、つまり夏頃になる見通しだと語っていただけに、予定より急ピッチで実用に向かっているのが嬉しいところです。

ただ、今の状況は競合他社しかもハイテク大手が続々と音声チャットサービスに参入していきています。すでにTwitterの「スペース」はiOS版ばかりかAndroid版をフォロワー600人以上なら誰もが利用可能としており、Facebookも今夏には音声チャットを含む新たなオーディオ機能を提供予定です

さらにInstagram Liveも「声だけの配信」が可能となり、各社とも単なる音声チャットの域を超えた次のフェーズに入りつつあります。Clubhouseが一日の長で安定感を見せるのか、それとも追手の荒波に飲みこまれてしまうのかが興味深いところです。

Source:Clubhouse

via:9to5google