Engadget

クロススペースからの委託で、マイクロアドデジタルサイネージ、ユニカが共同運営する『クロス新宿ビジョン』が7月1日からプレ放映をスタートしました。グランドオープンは7月12日。

場所は新宿区新宿3-23-18 クロス新宿ビル屋上で、大きさは150平方m。4K相当画質の大型街頭ビジョンです。湾曲したフォルムを活用した3D映像が放映可能。3D映像のデモンストレーションとして、通常放映の合間に3Dの巨大三毛猫が登場します。

3D映像が効果を発揮するにはビジョンの形状と画面を見る角度が重要となりますが、クロス新宿ビジョンは新宿駅東口広場からの視聴に適した設置位置・形状を意識して設置されています。

3Dで登場する三毛猫はビジョンの放映開始と共に目を覚まし、夜、放映終了と共に眠りにつくそうです。日中は通常放送の合間に登場し、通行人に話しかけることもあるとのこと。なかなか新宿に足を運べない人向けに、YouTubeにて『クロス新宿ビジョン』の模様を配信しています。

Source:Dream News