COCOA

厚生労働省は2月2日、新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」の陽性登録件数が1万件を超えたと発表しました。

COCOAは、スマートフォンのBluetooth機能を利用し、新型コロナウイルス感染症の陽性者と1メートル以内で15分以上の接触を検知できるアプリですが、陽性者と濃厚接触したかどうかを知るためには、陽性者が発症日や検査日をアプリに登録しなければなりません。

COCOAをめぐっては、プッシュ通知があったにも関わらず、『接触は確認されませんでした』と表示されるなどの不具合報告が相次いでいます。最近では、そうした問題のほかにも『ファーウェイ製のスマートフォンではCOCOAが使えない』といった問題点も浮き彫りになっています。

関連記事:新型コロナ接触確認アプリCOCOA、不具合報告できる新機能


Source : COCOA