厚労省、新型コロナ接触通知アプリCOCOAを配信開始。アップルとGoogleが共同声明

プライバシー保護も徹底

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2020年06月19日, 午後 03:35 in Health
0シェア
FacebookTwitter
cocoa

厚生労働省は「新型コロナウイルス接触確認アプリ COVID-19 Contact-Confirming Application(COCOA)」を配信開始しました。Google PlayおよびApp Storeから入手でき、対応端末で利用可能となっています。「接触確認アプリ」で検索すると見つかりますが、順次公開されるのでまだ見つけられない可能性があります。iPhoneの場合はこちらから、Android版はこちらから入手できます。

covid19

この接触確認アプリは、「6月中旬公開」として予告されていたもの。アップルとGoogleが共同開発したAPIを用いており、新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性について通知を受けることができます。

本アプリはユーザー自らがインストールし、本人の同意を前提として、Bluetoothにより他のスマートフォンと近接した可能性を暗号化して端末内に保存(無断で外部サーバーに送らない)。「近接」と判定される距離は半径1m以内で、15分以上の接触した可能性のみが記録されます。

COCOA

アップルとGoogleの公約通りプライバシー保護も徹底され、電話番号や位置情報など個人が特定される情報は記録されません。あくまで「近接に関する情報」のみが保存され、それも14日経過後には自動で無効となるとのこと。そして大前提となる利用の同意はいつでも撤回でき、アプリを解除して記録を消去できます。

通知に関しては、まず陽性通知を受けた本人が(つまり本人の同意のもと)アプリを通じて陽性者であることを厚労省の通知サーバーに登録。さらに上記の「半径1m以内で、15分以上」という条件で近接した可能性あるアプリユーザーに通知されます。

今回の正式リリースに関して、新型コロナ濃厚接触APIを共同開発および提供したアップルおよびGoogleは次のような共同声明を発表しています。

日本の新たな生活様式の下で コロナウィルス感染症の拡大抑制を図るために、厚生労働省が提供開始した新型コロナウイルス接触確認アプリ COCOA をApple と Googleは支援致します。同アプリは、Apple と Google のプライバシー保護技術を活用しており、利用するか否かは利用者が自由に選択でき、デバイスの位置情報を収集・使用することはありません。Apple と Google は今後も厚生労働省及び日本政府の取り組みを支援して参ります。

なお、同アプリにつき厚労省は「広く利用されることで感染拡大の防止に繋がることが期待されます」として、強制はしないものの、国民に積極的な利用を呼びかけています。

アプリのインストール方法や利用者向けFAQ、仕様書などの詳細は厚労省サイトでご確認ください。

Source:厚生労働省


関連記事:

「新型コロナ接触確認アプリ」ダウンロードURLはこちら iPhone・Android

新型コロナ 接触確認アプリ「COCOA」の登録方法・使い方。プライバシーの懸念は?

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: Health, google, coronavirus, apple, Covid-19, news, gear
0シェア
FacebookTwitter