engadget

厚生労働省は2月3日、新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」のAndroid版について、2020年9月から事実上機能していなかったと明かしました。

発表によると、Android版COCOAアプリでは2020年9月末以降、濃厚接触者(1m以内に15分以上)に該当した場合でも接触通知が届いていませんでした。

同障害は同年9月28日のバージョンアップに伴って生じたもので、『陽性者と接触しているのに通知がこなかった』との報道を受けて、実機を用いた動作検証を行ったところ発覚しました。なお、iOS版については正常に通知が届いていました。不具合の解消は2月中旬頃を予定しています。

この障害を受けて田村憲久厚生労働大臣は『9月末からCOCOAのAndroid版は事実上機能していなかった。せっかく使っていいただいた方々に大変なご迷惑をおかけした。信頼を損ねる状況で、本当に申し訳ない。心からお詫び申し上げる』と謝罪しました。

厚生労働省の発表の全文は下記のとおりです。

判明した障害の内容>

Android端末にて新型コロナウイルス接触確認アプリ(以下「本アプリ」という)をご利用の場合に、陽性登録を行った本アプリ利用者との1メートル以内15分以上の条件に該当する接触があっても接触として検知・通知を行っていないことが判明しました。

解消の見込み>

現在アプリの改修を進めており、本障害の解消は2月中旬を予定しています。本障害に加え、Android端末で本アプリをご利用の場合に、1メートル以内15分以上の条件に該当する陽性者との接触があった利用者に対しては、条件に該当しない陽性者との近接(例:ごく短時間の近接)についても通知してしまう(過剰な接触件数が表示される)プログラム上の問題があることも判明しており、これについても併せて修正を予定。

本障害の発生及び今回判明した経緯>

本アプリ開発・保守運用事業者からの報告によると、本障害の発生及び今回判明した経緯は次のとおりです。

本障害は、昨年9月28日のバージョンアップに伴って生じたものです。その後、本アプリ改修時には、テスト環境を用いて必要なテストを実施してきましたが、その際のテスト内容は、本アプリの基盤となっている接触通知APIから出力される接触リスクに関する値を前提とした模擬的な検証を行うものでした。

しかしながら、陽性者と接触しているはずであるが本アプリで通知がこなかった旨の報道を受け、従来の模擬的な検証に加えて実機を用いた動作検証を行ったところ、接触リスクに関する値がAndroid端末については想定と異なる形で接触通知APIから出力され、その結果、接触が正しく通知されないこととなっていることが判明したものです。

再発防止策>

厚生労働省は、本障害の判明を受け、本アプリ開発・保守運用事業者に対し、品質管理の徹底を指示するとともに、厚生労働省側としても正常に動作するかや不具合がないかを十分に検証した上で本アプリの納品を受けられるように、専門家の増員を図る予定です。引き続き、国民の皆様に広く、安心して本アプリをご利用いただけるよう、利用者からのご意見等を踏まえ本アプリの機能・デザインの改善を行ってまいります。

<利用者の皆様へのお願い>

本障害が2月中旬に解消されるまでの間は、Android端末をご利用の方は仮に陽性者との1メートル以内15分以上での接触があったとしても、本アプリで通知を受け取ることができませんが、継続して本アプリをご利用いただくことにより他の端末との接触に関する情報を端末内に記録することができます。本障害の解消後に、この記録に基づいて、14日前までに陽性者との接触があった場合には通知を受けることが可能になりますので、本アプリを継続してご利用いただきますようお願い申し上げます。

なお、iOS版については本障害の影響はありません。

Source:厚生労働省