JOSH EDELSON/AFP via Getty Images
JOSH EDELSON/AFP via Getty Images

アップルはiPhoneの機能を自動車で扱えるようにするCarPlay機能を提供しています。CarPlayではマップ(ナビゲーション)アプリや、音楽再生アプリなどが利用でき、音声アシスタントを利用した通話やメッセージの送受信なども可能です。

そしてBloombergが伝えたところでは、アップルは現在iPhoneと自動車の連携をさらに強化する新技術、コード名「IronHeart」を開発中とのこと。IronHeartでは、現在のCarPlayでは制御できない自動車そのものの機能をコントロールできるようになり、たとえばエアコンの操作やシート位置などの調整、カーオーディオの操作調整、さらにはスピードメーターやタコメーター、水温計や燃料計といったメーターパネルの各種数値を取り込んで表示するといった、これまで自動車側が握っていたデータをiPhoneで拾って表示や操作が可能になります。

ただし、まだIronHeartは開発の初期段階であり、この機能を実現するには自動車メーカー側の協力が不可欠。またアップルはこの未発表の機能についてはコメントを拒否しています。

自動車側の対応が必要な機能としては、iPhoneを自動車のキーの代わりにするCarKey機能もありますが、CarPlayやCarKey機能に比べ、IronHeartはさらに深く自動車の機能にアクセスするもので、各自動車メーカーの独自の機能へのアクセスを許可する必要があります。自動車メーカーがどこまで協力するかはわかりませんが、この技術の蓄積は将来アップルが独自のEVの開発にも役立つはずです。

一方、自動車メーカーの立場から見れば、この機能は長年独自に作り込んできたネイティブなインターフェイスを実質的に迂回して、iPhoneの作法に対応させることになります。特に、自動車メーカーがアップルと競合するサービスを提供していたりする場合は、IronHeartへの協力は得にくいかもしれません。また、IronHeartがリリースされたとしても、その車のオーナーに使いやすいと感じてもらえなければ、その後の対応車種拡大スピードは鈍ってしまう可能性もあります。

Source:Bloomberg