engadget

米仮想通貨取引所大手のコインベース(Coinbase)が8月19日、日本でサービスを開始しました。すでにWebサイトやアプリから利用できます。

ローンチ当初は「ビットコイン(BTC)」「ビットコインキャッシュ(BCH)」「イーサリアム(ETH)」「ライトコイン(LTC)」「ステラルーメン(XLM)」の5銘柄を取り扱い、銘柄は順次拡大します。販売手数料はスプレッドを含めた実質で1.99%と案内しています。

日本展開にあたっては三菱UFJ銀行と提携。三菱UFJ銀行に口座を開設していれば、コインベース口座に煩雑な手続きなく法定通貨(日本円)をクイック入金できます。なお、ローンチ当初は日本円入出金は三菱UFJ口座に限られます。

コインベース日本法人の北澤直社長は『日本のお客様はコインベース株式会社を通じて、コインベースがグローバルで展開している取引板で暗号資産(仮想通貨)を売買できる。日本のユーザーが弊社を通じて、実質的にグローバルなプラットフォームにアクセスできるようになる』とコメント。

▲コインベース日本法人の北澤直社長

また、今後については、取引所以外のサービス、例えば仮想通貨をショッピングに利用できるサービスや、DeFi、あるいは機関投資家向けのサービスについても、日本の法令が許す限り提供を目指すとコメントしました。

コインベースは2012年に米サンフランシスコで設立。現時点では100か国以上に進出し、全世界で6800万ユーザーを獲得しています。今年4月には米NASDAQに上場。直近では機関投資家向けの仮想通貨取引サービスにも注力しています。

Source:コインベース(Coinbase)