imac
Jon Prosser

アップルが5色の新型iMacを準備中との噂がありましたが、それらが4月20日の「Srping Loaded」イベントで発表されるとの予測が伝えられています。

有名リーカー(注目の未発表製品にまつわる有力情報を発信する人)l0vetodream氏は、20日イベント向けの虹色アップルロゴと一緒に懐かしのカラフルなG3 iMac画像をTwitterに投稿しています。l0vetodream氏はiPhone SE(2020)やiPad Pro(2020)の発売時期を当てたほか、iPhone 12シリーズ全4機種の製品名を正確に予測した実績があります。

この予測はちょうど、YouTuberのJon Prosser氏が述べた「再設計されたiMacはシルバー、スペースグレー、グリーン、スカイブルー、ローズゴールドの5色が用意」との主張とも一致しています。Prosser氏は当たり外れのあるリーカーですが、l0vetodream氏の信頼度に補強されたことになります。

再設計されたiMacについては、BloombergがAppleシリコンを搭載した上で画面のベゼルや画面下も狭くなり、背面もフラットな形状となって純正ディスプレイPro Display XDRに似た見かけになると予想していました

また新型iMacは従来と同じく画面サイズが2種類とみられていますが、先日l0vetodream氏は「「iMacの画面は本当に大きく、最大のモノよりも大きい」とつぶやき、現行の27インチよりも大きな画面が用意されると示唆していました

これまで20日のイベントでは新iPad ProやiPad mini、失せ物追跡タグAirTags(仮)の発表が有力視されていましたが、にわかに新型iMacの登場も現実味を帯びてきたかっこうです。最近iMac Proや21.5インチiMacの一部構成が販売終了となりましたが、アップルストア内でも新型モデルの予約受付準備が始まっているのかもしれません。

Source:l0vetodream(Twitter)

via:MacRumors