ドライブレコーダーを手がけるカーメイトは、メッセージの送受信が可能なGPS見守り端末「coneco」を発売しました。価格は1万9800円(税込、以下同)。同社直販サイトで購入できます。

本製品は、保護者のスマホに専用アプリをインストールし、子どもの居場所を地図上で確認できる機能を備えます。事前登録した場所に子どもが到着した際や、乗り物での移動を検知した際に通知する機能もあります。

こうした特徴を持つ製品はすでに存在していますが、本製品はGPSと専用アプリを使った“見守り”だけでなく、2.9インチの電子ぺーパーにメッセージを表示できる点が売りでもあります。

具体的には、スマホで任意の定型文を最大10件登録でき、『ちょっとバスが遅れてる』『もうすぐ着くから待っててね』といったメッセージの送受信ができます。

また、IoT向けの規格「LTE-M」に対応し、少ない電力でも通信できる点に加え、IPX3相当の生活防水、USB Type-Cケーブルでの充電などに対応します。

アプリはAndroid 6.0およびiOS 11以上のスマートフォンで動作しますが、クレジットカードで月額480の利用料金を支払う必要があります。本体のサイズは43x106x16mm、重さは64gです。


source:カーメイト(PR TIMES)