新型コロナワクチンを接種済であることを公的に証明する書類、いわゆる「ワクチンパスポート」の発行が日本で始まりました。

ワクチンパスポートは、海外への入国時に、相手国が検査や隔離といった防疫措置の緩和等を判断するために活用される公的証明書です。同パスポートが利用できる国・地域の一覧は外務省のWEBページで案内しています。

発行の申請は住民票のある自治体の窓口で行えます。発行手数料は無料です。なお、発行対象者は海外渡航を予定している人のみで、渡航予定のない人の申請は受け付けません。

また、ワクチンパスポートは現時点では紙で発行し、接種者の氏名や生年月日、旅券番号等を日本語と英語で表示しています。偽造防止対策も行っているといいます。

デジタル化について厚生労働省は『接種証明書を電子的に表示する上で必要な二次元コードの規格について国際的に策定中であることから、その動向を見定めながら検討しています』としていて、当面の間は紙で発行します。

EUではスマートフォンアプリで利用できるデジタルワクチンパスポートの運用がすでに始まっています。

Source:厚生労働省