厚労省、「新型コロナ接触確認アプリ」の詳細公開

6月中旬にリリース予定

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2020年06月13日, 午後 04:45 in news
0シェア
FacebookTwitter
engadget

厚生労働省は、新型コロナウイルス感染者と濃厚接触した人に通知を送れる「接触確認アプリ」を6月中旬に公開します。また、その詳細を明かしました。

「新型コロナウイルス接触確認アプリ」は、GoogleとAppleが共同開発したAPIを活用し、新型コロナウイルス感染者と濃厚接触した可能性が高い人に通知を送ることができます。

具体的には、本人の同意のもと機能を有効化したユーザーにおいて、スマートフォンのBluetooth通信を利用し、ほかのスマートフォンと近接した状態を検知します。近接判定される距離は概ね1m程度。近接情報は自身の端末内だけに暗号化して記録し、14日後に自動で無効化されます。

通知に関しては、新型コロナ陽性者が本人の同意のもと、陽性者であることを登録した際、その陽性者と過去14日間に、概ね1m以内で15分以上の近接した状態の可能性があった場合に届きます。

利用者への通知は1日1回まで。アプリの登録のタイミングによっては、すぐに通知されない場合もあります。通知を受けた場合、現在の症状を選択する画面が表示され、次に適切な受診窓口が案内されます。

engadget

対応OSや端末はリリース前に公表予定。アプリの公開は6月中旬を予定していて、早ければ来週中にも公開されるものと思われます。

なお、同アプリは『広く利用されなければ効果を発揮しない』(厚労省)として、利用を促す方針です。

engadget

Source:厚生労働省

 
 

4眼仕様のAI活用カメラでさらに美麗な写りになった「HUAWEI P40 Pro 5G」

Sponsored by ファーウェイ ジャパン

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: news, tomorrow
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents