安倍晋三内閣総理大臣は5月25日、新型コロナウイルス感染者と濃厚接触した可能性がある場合に、スマホに通知が届く「濃厚接触通知アプリ」を6月中旬を目処にリリースすると表明しました。

この「濃厚接触通知アプリ」は、GoogleとAppleがiOSとAndroid OS向けに提供する「接触通知API」を活用し、厚生労働省が主体となって提供するアプリです。

スマートフォンのBluetooth通信機能を活用し、陽性が判明した人と一定時間近くにいたことが判明した人、すなわち、濃厚接触の可能性が高い人に、自動的に通知することで、早期に対策に繋げられます。

安倍首相は『我が国では、個人情報はまったく取得しない、安心して使えるアプリを来月中旬に導入する予定です。どうか多くの皆さんにご活用いただきたい』と述べ、6月中旬のリリースを表明しました。

首相は続けて『先月、オックスフォード大学が発表したシミュレーションによれば、このアプリが人口の6割近くに普及し、濃厚接触者を早期の確認につなげることができれば、ロックダウンを避けることが可能となるなど、大きな効果が期待できるとの研究があります』とも述べ、同アプリの効果に期待を示しました。