京都・東本願寺、お賽銭をクレジットカード支払い可能に

10月12日から

小口貴宏(Takahiro Koguchi)
小口貴宏(Takahiro Koguchi), @TKoguchi787
2020年10月9日, 午後 12:30 in payments
0シェア
FacebookTwitter

京都の東本願寺(正式名称:真宗本廟)は、お賽銭などをクレジットカードで支払える「お賽銭専用」の決済システムを10月12日より導入します。

これは、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ「新しい生活様式」で、キャッシュレス決済が推奨されていることを受けた取り組みです。

参拝接待所窓口、渉成園窓口、大谷祖廟事務所窓口に設置された専用端末を利用して、Visa・MasterCardブランドのクレジットカードでお賽銭を支払えます。また、10月下旬以降は読経志、納骨志、出版物冥加金のクレジットカード支払いにも対応します。

同システムはビジネスラリアートが開発したもの。東本願寺では2023年を目標に、全国の事務所(教務所)においても同様の環境を整える方針です。

お賽銭をキャッシュレスで支払える社寺は、栃木県の日光二荒山神社や東京の愛宕山神社など、ほかにも例があります。

Source:ビジネスラリアート(PRTimes)


【Engadget Live】iPhone 12発売日速攻レビュー

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: payments, payment, cashless, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents