CD Projekt Red
CD Projekt Red

12月10日、世界のゲームファンが待ちに待った『Cyberpunk 2077』が各プラットフォームで発売され、YouTubeにも続々と実況プレイが配信されたりしています。しかし、その待望のゲームにはまだまだ取り切れなかったバグが多数あるようです。

【PS4】サイバーパンク2077 (Amazon)

その中でも、おそらく最も大きな問題は、主人公キャラ”V”の外観設定で、あの部分に見栄を張りすぎるとソレがズボンから出てきてコンニチハになってしまうところ。このままでは、プレイヤーはサイバーでパンクな雰囲気を楽しむ前にモロ出しで街を闊歩する変態チックな気分を期せずして味わうことになってしまいます。

Cyberpunk 2077
FISK(Twitter), CD Projekt Red

なお、掲示板サイトRedditへの投稿によると、どうやら女性キャラも上半身で見栄を張りすぎると、それがシャツを突き破って表に出てきてしまうバグもある模様。

Cyberpunk 2077
batmanbusters(Reddit), CD Projekt Red

またこのゲームには様々な問題が残されているようで、PS4およびXbox One版ではクラッシュやフリーズ、キャラクターの表示がおかしくなるといった問題がある模様。

何度も延期を繰り返したあげくの出来がこれかと憤るか、これが2077年のトレンドだと考え、奇抜なファッションとともに楽しんでしまおうと思うかはプレイヤー次第。とはいえノーマルな感性を持つ人々からすれば、さすがにチ〇コモロ出しは早めに修正してほしいところでしょう。開発陣には、風もないのにぶらぶら微妙に揺れるリアリティを追求する前にやるべきことがあっただろうと思わずにいられません。

ちなみに、日本国内向けのPS4・Xbox One版Cyberpunk 2077には、CEROの審査により表現規制が掛けられています。PC版は規制のオン/オフ設定ができるとのこと。

なお、このゲームにはほかにも多くのバグがあり、たとえば自動車が路肩の障害物をすり抜ける、道路を走行中に突然大クラッシュする、ゲームプレイ中のフレームレートが紙芝居レベルに落ちる、テクスチャやオブジェクトが壊れて表示されるといった不具合が報告されています。

※画像は一部加工しました

source:Polygon