CD Projekt Red
CD Projekt Red

CD Projekt Redが、話題のゲーム『Cyberpunk 2077』向けに今月予定していたパッチ”v1.2”を3月後半を目標に延期すると発表しました。このパッチは、ゲームの発売後に大量に露呈したバグや不具合を修正し、プレイの安定性を向上させるために計画された2つの大型修正パッチの2番目です。

1つめの大規模修正となるパッチv1.1は1月にリリース済みですが、このパッチ1.1自体にもゲーム進行を妨げるバグが新たに紛れ込むなど、CDPRにとっては逃げ水を追いかけるような作業がいまも続いています。

さらにそのような状況に追い打ちをかけるかのように、ランサムウェアを用いたサイバー攻撃で、ゲームのソースコードが盗み出され、ハッカーサイトで競売にかけられるといった問題まで発生。コードは落札されたとみられ、それがいずれどこかで公開されてしまう可能性もあります。

おそらくそうした問題に対処する必要性もあるためか、CDPRはパッチv1.2について「作品全体に影響を及ぼす数々の品質改善および修正」を含むものの、まだリリースするには時間を要すると説明しました。

Cyberpunk 2077はまだPS Storeでの販売を再開するに至っていません。ゲームそのもの評判は悪くないうえ、過去の作品を見ても、CDPRは大量の無料DLCを用意してプレイヤーをもてなすゲームメーカーなだけに、早く普通に入手できて普通に遊べるようになることを願わずにはいられません。

ちなみにCyberpunk 2077はPS Storeでのダウンロード販売は中断されたままですが、それ以外のPS4パッケージ版、Xbox Oneダウンロード版PC版などは購入可能です。

Source:Cyberpunk 2077(CD Projekt)