main

SUNONEがGREEN FUNDINGにて普通の歯ブラシを電動歯ブラシに変えてくれる振動キューブ『YDou(ユンドゥ)』のプロジェクトを実施中です。価格は1個7280円(本来の定価)ですが、15%OFFの6188円など割引価格で購入できます。

Engadget

筆者は基本的なこだわりがあるほうで、ワイドヘッドな歯ブラシじゃないと嫌ですし、歯茎がよわよわなので硬めの歯ブラシは絶対に買いません。電動歯ブラシも昔は使っていたんですがヘッドが小さいものしか選べなくて、電池交換のタイミングとともに辞めてしまいました。使っている感じは好きだったんですけどね。いつもより綺麗になった感覚があって。さてそんな今回試していくのは普通の歯ブラシを電動歯ブラシに変えてくれるガジェットです。

image
▲昔のアメリカのアニメみたいなデザインの箱とともに登場。

こちらが試していく『YDou(ユンドゥ)』。付属(写真左下)のアタッチメントに取り付けてフェイスブラシにもなります。といっても気になるところはやっぱり電動歯ブラシへの変化具合。今回はそちらをメインに試用します。

image
▲こやつが核となる振動キューブ。製品下部にある丸ポチがスイッチです。

キューブは充電式で、付属のドックに充電口があります。microUSBで充電可能。この手の製品で電池式じゃないのは嬉しいですね。充電時間は30分ほどで、約40分の使用が可能。2日間くらいは使い通しできます。

IPX7の防水レベルを誇るので多少の汚れもへっちゃらです。実際に歯磨き粉で汚れてしまった、なんて場合でも水洗いして問題なく使えていました。

まずは歯ブラシに取り付けリングを装着、キューブとリングの磁石がガチッと噛み合って取り付け完了ってな寸法です。

image
▲妙に毒々しい赤みの歯ブラシに装着!磁石はなかなか強力。歯ブラシは新品です。

こちらが取り付け完了時。子供を背負ってるみたいな、以外にも可愛らしい見た目に。お気に入りのワイドヘッド歯ブラシが電動歯ブラシになるのか〜と期待が膨らみます。

重量は68gとちょっと重いかな.....?と思いました。といっても、歯ブラシ立ても倒れず受け止めてくれたので使っているうちに気にならなくなるかなと。

image
▲付けたままでも問題なく置けました。

ただちょっと残念なのは取り付けリングですね。曲者です。歯ブラシに取り付ける前にちょっと折り曲げるんですが、硬めなリングなので少し力が必要です。だからといって力を入れすぎて折り曲げすぎると、すぐにずり落ちたり破損の原因にも繋がります。歯ブラシにフィットさせるにはコツが要りますね。もっとラクにピタッと歯ブラシに付いてくれないものかしら。

さて、電源を入れてみます。キューブの丸ポチを長押しで電源オンオフ。オンの状態で単押しするとクリーンモード/マイルドモードの2種類が選択可能。

2種類のモードどちらも普通の電動歯ブラシより気持ち大きめの音がするかなという印象です。特に不快な音ではありませんし筆者はすぐに気にならなくなりました。クリーンモードは1分あたり28000回、マイルドモードは21000回と平均的な振動数ですね。

よし、では使っていきましょうか。

一言でいえばなんとも不思議な感覚です。普通の電動歯ブラシの場合、ヘッドが振動するんですが『YDou』の場合は歯ブラシ全体がまんべんなく振動しているような感覚。

歯にあててみると、電動歯ブラシになってる?と一瞬疑問に思うんですが、明らかに普通の歯ブラシよりも磨けてるんですよね。歯茎よわよわの筆者でもクリーンモードで丁度いいなと思って使用していました。

マイルドモードの振動は通常の歯磨きの補助的な役割に近いかも。ちょっと物足りなくて起動したままいつも通り歯磨きしてしまいました。こちらも通常の歯磨きよりツルツルの仕上がりに。恩恵は感じることができました。

改めてコンセプトに立ち返るんですが、いつもの歯ブラシで電動歯ブラシの効果を得られるって思った以上に良いですね。電動歯ブラシ小さめヘッドを使っていたときの、上の部分に磨き残しあるんじゃね?という感じがなくなり、いつもの歯磨きをグレードアップさせてくれました。

決して派手な製品ではありませんが、これからも大切にしていきたい歯には怠ることのできない歯磨き、こういうランクアップのさせ方もあるのかと思えた製品でした。

この『YDou』は現在一般販売されておらずGREEN FUNDINGにてクラウドファンディング実施中です。価格は1個7280円(本来の定価)ですが、15%OFFの6188円など割引価格で購入できます。

Engadget