米国デルのゲームPCブランドであるAlienwareは、デザインを刷新したゲーミングデスクトップ「Aurora」の新モデル「Aurora R13」「Aurora R14」の海外販売を開始しました。

AuroraシリーズはAlienware製デスクトップの中核的モデル。近未来的なデザインと、コンパクトな筐体が特徴でした。


新しいAuroraシリーズではPCケースに新型シャーシとなる「Legend 2.0」を採用したことで、内部スペースが50%拡大。ドライバーなどが不要なケース開閉システムやカスタマイズ可能なライティング、そしてそれを引き立たせるクリア素材のサイドパネルが用意されています。

また新シャーシによるエアフローの改善により、冷却性能と静音性が向上しています。ただし一方で、現行モデルに比べるとケース自体は大きめとなっています。



米インテルの第12世代Coreプロセッサを搭載するAurora R13では、10コアのCore i5から16コアのCore i9までをラインナップ。

Aurora R14では16コアのRyzen 5950Xを含む、Ryzen 5000シリーズが採用されています。RAM容量は最大128GBで内蔵ストレージは最大4TB(2TB SSDと2TB HDD)、GPUはGeForce RTX 3090やRADEON RX 6900 XTをはじめ、高速モデルを幅広く選択可能です。

Aurora R13の海外価格は1480ドル(約17万円)、Aurora R14の価格は1250ドル(約14万円)からとなっています。

また、合わせてデルブランドからも、クリエイター向けの新型デスクトップPC「XPS Desktop」が海外発表されました。こちらも第12世代のCore プロセッサ(Core i5/i7/i9まで)を搭載。価格は919ドル(約10万円)からで、秋から販売が開始されます。


デザインと性能を両立させた、Auroraの新モデル。筐体が前後方向に大型化したことで設置場所を若干選ぶようになりましたが、現行までのシリーズに引き続き、最新プロセッサを比較的気軽に試せる魅力的な製品となりそうです。


Source: Dell