【PS5】「デモンズソウル」リメイク作が発表。開発は「ワンダと巨像」リマスターのBluepoint Games

元祖ソウルシリーズ

Kiyoshi Tane
Kiyoshi Tane
2020年06月12日, 午前 11:45 in PS5
0シェア
FacebookTwitter
DEMONS
Bluepoint Games / Sony

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)はPS5の映像イベント「The Future of Gaming」で「Demon's Souls(デモンズソウル)」のリメイク版を発表しました。

リメイク版の開発は米国に拠点を置くBluepoint Gamesが担当。「ICO」や「ワンダと巨像」、「GRAVITY DAZE」など歴代PS用タイトルのリマスターを手がけ、確かな評価を固めてきた安心のブランドです。

オリジナルの「デモンズソウル」はSIEと「SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE」などで知られるフロム・ソフトウェアが共同開発し、2009年に発売されたPS3用のアクションRPG。その名前通り、システム的にはフロムの人気シリーズ「ダークソウル」の原点に当たります。

実質的に「ソウル」シリーズの第1作と言える本作から、特にステータスが貧弱な序盤ではなすすべもなくやられまくる、いわゆる「死にゲー」です。そして通貨代わりの「ソウル」は死亡してしまうと全て没収されるうえに、HPの最大値が半分となった「ソウル体」となるデスペナルティもあり。

まるで鬼畜仕様のようで事実その通りですが、ソウルは失った地点に行けば回収でき、ソウル体の状態では気配が消えて敵の不意を突きやすく、基本的に固定配置かつパターンのために「死んで覚える」ほどに有利になるという作り。それでもどうにもならない時はオンラインで他のプレイヤーの助けを呼べるため、根気さえあれば反射神経に恵まれない人でもどうにかなる絶妙のバランスでした。

発売当時は家庭用ゲーム機の最高峰だったPS3の表示能力により、生理的に嫌悪感を催す箇所は徹底して気持ち悪かったグラフィックが、PS5でどこまで強化されているかが見どころです。記事執筆時点ではリリース時期は明らかにされていませんが、続報を待ちたいところです。

Source:PS5 - The Future Of Gaming(YouTube)

 
 

 

TechCrunch 注目記事「新型コロナのソーシャルディスタンス(社会的距離戦略)を強力に支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: PS5, games, sie, news, gear, gaming
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents