コロナ禍でも球場の雰囲気が楽しめる「バーチャルハマスタ」。無料トライアルが8月11日に実施

「バーチャル甲子園」なんてのもできるかも

中田ボンベ(Bonbe Nakata)
中田ボンベ(Bonbe Nakata)
2020年08月4日, 午後 05:20 in DeNA
0シェア
FacebookTwitter
DeNA

2020年8月4日、株式会社横浜DeNAベイスターズとKDDI株式会社は、バーチャル空間上に横浜スタジアムの一部を再現した「バーチャルハマスタ」の無料トライアルを8月11日に実施すると発表しました。

「バーチャルハマスタ」は、横浜スタジアムの球場入り口やグラウンドなどをバーチャル上に再現したもの。ファンはアバターを用いて、リアルに再現された横浜スタジアムの一部を自由に歩き回ることが可能です。

グラウンドの電光掲示板には試合の中継映像が映し出されます。トライアルに参加している他のファンと一緒に観戦したり、コミュニケーションを取ったりできるとのこと。他にもOBなど特別ゲストが参加するトークショーや、サインボールの抽選会といったオンラインイベントも実施される予定です。

無料トライアルは、2020年8月11日のDeNA-阪神戦開始(18時)から試合終了後約30分まで実施。参加するにはスマートフォン、パソコン、VRデバイスにバーチャルSNSアプリ「cluster」をインストールし、アカウントを作成する必要があります(VRデバイスの場合はアプリに加え「SteamVR」のインストールが必要)。

これまでDeNAではファン同士が交流しながら応援できる「オンラインハマスタ」を実施。また、他球団では巨人が「バーチャルビュー」という参加型ライブ配信を実施したことがありました。しかし、こうしたバーチャル空間上にスタジアムを再現し、そこでリアルタイム観戦ができるというのは、国内では初の取り組みとのことです。

コロナ禍の影響で今後はバーチャル観戦の需要が高まるとみられています。もしバーチャルスタジアムが人気になれば、「バーチャル東京ドーム」や「バーチャル甲子園」などが登場することもあるかもしれません。

Sauce:株式会社横浜DeNAベイスターズ

 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: DeNA, baseball, Tigers, VR, Sports, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents