d払いアプリ、加盟店のクラスター発生を通知する新機能

提供開始時期は未定

金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
金子 麟太郎(Rintaro Kaneko)
2020年08月31日, 午後 03:14 in coronavirus
0シェア
FacebookTwitter
docomo

NTTドコモは、東京都の新型コロナ・テックパートナーとして、「東京版新型コロナ見守りサービス」を提供する事業に参画します。決済サービスの「d払い」アプリからクラスターに関する情報を取得できるようにします。

提供開始時期は未定ですが、決まり次第、d払いアプリや公式サイトなどで案内するとしています。

東京版新型コロナ見守りサービスは、東京都が6月26日に発表したもので、利用者が店舗へ訪問した履歴に基づき、店舗名とクラスター発生日時などの情報をアプリに通知する仕組みです。

NTTドコモによれば、店舗型東京版新型コロナ見守りサービスへの登録の有無や、クラスター発生情報の通知を行った事実を含め、ユーザー側の個人情報が東京都に提供されることは一切ないと言います。

店舗型東京版新型コロナ見守りサービスのパートナー企業一覧には、d払いを提供するNTTドコモの他に、PayPay、au PAYなども含まれています。


source:NTTドコモ


 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: coronavirus, App, coronavírus, mobile, phone, news, gear
0シェア
FacebookTwitter