ディズニーの動画配信サービス Disney+ が対応プラットフォームの拡大について発表しました。

10月27日のサービス拡大にともない、4Kや 5.1ch・ドルビーアトモス対応と同時に、PlayStation 5 / 4 や Xbox Series X|S、Xbox One でもディズニープラスが視聴できるようになります。

ディズニープラスのサービスが国内で始まったのは2020年6月。以前よりドコモと組んで展開していた日本独自のディズニーファン向けサービス Disney DELUXE を引き継いだかたちでのスタートでした。

ディズニーやマーベル、スター・ウォーズの人気コンテンツが揃い、価格も比較的安い一方で、サービスの内容は海外や競合他社に比べて制約があり、特に4K解像度や5.1chサラウンド、Dolby Atmos等に非対応なのが厳しい点。

高画質のBD版が売られている映画ならばまだ単品で買うことができますが、Disney+ の目玉コンテンツであるスター・ウォーズ『マンダロリアン』やマーベル『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』『ロキ』『ワンダビジョン』等は配信独占なので円盤を買いたくても買えず、プレミアム品質のプランもなく、日本在住者は本来よりも低い画質・平坦な音でしか視聴できない状態です。

しかし10月27日からのサービス拡大・フルローンチからは、月に200円の値上げとなる一方、「スター」ブランドの海外ドラマ等新コンテンツの追加、4Kや5.1ch・Atmos対応、ゲーム機など新プラットフォーム対応に改善します。

日本ディズニープラスが遂に4KやAtmos対応へ。スターの新コンテンツ追加で値上げ

10月27日以降のDisney+ 対応プラットフォームはこちら。

●Webブラウザ(最新のChrome, Firefox, Edge, Safari)

●スマートフォンとタブレット: 
 ・Amazon Fireタブレットシリーズ(Fire OS 5.0以上) 
 ・Android(スマートフォン、タブレット) 
 ・iPhone, iPad, iPod touchのTV AppとApp Store

●スマートテレビ: 
 ・Android TV(Android OS 5.0以上) 
 ・LG TV (WebOS version 3.0(2016 モデル)以上)   
 ・Panasonic スマート テレビ(2017年以降発売の4Kビエラ) 
 ・Samsung スマートテレビ(2016年以降発売のTizen搭載機器) 
 ・Sony BRAVIA
 ・Sharp AQUOS

●ストリーミング・メディア・プレイヤーとゲーム機器: 
 ・Amazon Fire TV シリーズ
 ・Apple TV 4K / Apple TV HD (TV AppとDisney+アプリ)
 ・Chromecast™(Chromecast built-in 搭載機器)  
 ・PlayStation 5 / PlayStation 4 
 ・Xbox One, Xbox Series X|S

新規の対応プラットフォームとしては、LGやサムスンをはじめスマートテレビ対応もありがたいところ。ゲーム機は最新世代の PS5 や Xbox Series X|S だけでなく、前世代の PS4 や Xbox One にも対応します。

PlayStation 5のメディアリモコンは発売当初から堂々と Disney+ の専用起動ボタンがありますが、前述のように日本国内のDisney+は同名の別サービス状態でPS5にも非対応だったため、現在に至るまで押しても使えませんと言われるだけ。10月27日以降はようやく使えるようになります。

PS5ストア(Amazon)