Disney+ 日本上陸、マンダロリアン舞台裏やアナ雪2・ファイアボールも見放題。アプリは相変わらず

亡きお父上はお許しになるでしょうか

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2020年06月11日, 午後 11:19 in disney
0シェア
FacebookTwitter
Disney Plus

ディズニーの動画サービス、Disney+がついに日本国内で配信を開始しました。

これまで日本国内向けのサービスDisney DELUXEに加入していた場合は、視聴アプリの Disney Theater を更新するだけでアイコンが「Disney+」にかわり、サービスが利用できるようになります。

Disney+

料金は月700円(税別)。ディズニー傘下の各ブランド、Disney や マーベル、スター・ウォーズ、ナショナル・ジオグラフィックの映画やシリーズが見放題で楽しめる点は変わりません。

Disney+ に切り替わったタイミングでコンテンツが増え、昨年公開されたばかりの『アナと雪の女王2』 や『トイ・ストーリー4』も見放題サービスでは初登場します。

ディズニープラス独占のオリジナルコンテンツも、実写リブート版「わんわん物語」、スター・ウォーズ初の実写ドラマ『マンダロリアン』制作の舞台裏を追ったドキュメンタリー『ディズニー・ギャラリー / スター・ウォーズ:マンダロリアン』、ピクサーの短編など多数。

サービスを終了したディズニーの衛星局Dlifeで放送された日本発CGアニメ『ファイアボール ユーモラス』も、シリーズ歴代映像作品とあわせてすべて見られます。

Disney+

一方、Disney+ にサービス名称が切り替わっても、ドコモのdアカウントとディズニーのDisneyアカウントが必要な国内独自の仕組みであることは変わらず。アプリも名前とアイコンが変わっただけで、海外で展開している Disney+ とは別アプリです。

たとえば実写映画の詳細を開いても日本語吹き替えの声優名が並ぶだけで、演じた俳優の名前は分からない衝撃の仕様は従来のまま。検索にキャラクター名は使えても、俳優の名前や監督ではまともにヒットしません。

(たまたま日本語吹き替え版の概要テキストに含まれている場合のみ見つけられる。マーベル作品ほぼ見放題が売りで、MCUも一部の権利絡み以外は揃うにもかかわらず、検索で「ロバート・ダウニー・Jr」でも「マーク・ラファロ」でも該当ゼロ。スター・ウォーズは全作品ありますが、「マーク・ハミル」でヒットするのは本人が出演して吹き替えられたドキュメンタリーのみです。)

ダウンロードが可能でも、落としてから見られる有効期限が異様に短く、ダウンロードするタイミングを注意深く計画しないといけない点などもそのまま。

せっかくの幅広いラインナップが楽しめるサービスだけに、ディズニーアニメを吹き替えで見る以外のユーザーにも、せめて他社の映像配信サービスと同等程度には使えるよう、アプリやサービス仕様の進歩に期待したいところです。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: disney, disneyplus, disney plus, docomo, news, entertainment
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents