engadget

DJIがスマートフォン用の三軸ジンバル「DJI OM 5」を発表しました。本体価格は1万7930円(税込)で、DJI公式オンラインストアにて本日より先行販売を開始しています。

engadget
engadget

engadget

「DJI OM 5」は、先代の「DJI OM 4」のマグネット式アダプターを引き継ぎつつ、本体を小型軽量化した点が特徴。収納時のサイズは3分の1小型化され、旅先へも気軽に持ち運べるようになっています。

▲DJI OM 5(左)とGoogle Pixel 5(右)のサイズ比較

本体内に215mmの延長ロッドを新たに内蔵し、ローアングルやグループ写真の撮影もスムーズに行なえます。

engadget
▲本体内に延長ロッドも内蔵、際どいローアングルなど多彩な撮影が可能に

▲三脚や専用の巾着袋も同梱する

▲本体とアダプター、三脚をまとめて巾着袋に入れて持ち運べる

初心者でも”プロのような映像”を簡単に

DJI OM 5では、撮影の素人でも本格的な映像を撮影できるようにするアシスト機能を充実させた点も大きな特徴の1つとなっています。

新たに搭載する「ShotGuides」では、撮影環境を自動認識し、被写体に合った撮影方法を提案してくれます。風景・スポーツ・ウェディングなどさまざまな撮影シーンに利用できる25セット以上の撮影チューニングを用意し、画面上の指示に従って複数カットを撮影するだけで、自動編集であたかもプロが撮影したような短編動画を作成できます。

クリエイティブな動画を撮影できる「ストーリーモード」機能では、短編動画のテンプレートを複数用意。毎カットをアプリの指示に従って撮影するだけで、動画撮影にあまり明るくない筆者でも、ものの10分程度で下記の動画を作成できました。

engadget
▲画面上で撮影者に動きを視覚的に指示するほか、ジンバルのモーターを活用してメリハリのあるアングルでの撮影が可能

こうした撮影アシストを実現するため、動体認識も強化。新たに搭載したActive Track 4.0では、最大5m/sのスピードで、最大3倍ズームを使ったトラッキングに対応します。これによって、被写体が激しく動いていても、被写体をフレームの中心に捉えながら、安定したトラッキングを継続します。

ズーム機能を自動的に調整して背景をドラマチックに動かす「DynamicZoom」にも対応。これは、映画で使われる撮影技法の1つでもあります。

そのほか、

本機の主な機能は下記の通りです。

<ジェスチャー操作>
ハンドジェスチャーで動画撮影の開始・終了を操作したり、写真撮影を簡単に行うことができるため、セルフィー撮影やセルフタイマーを設定しないグループ写真に最適です。

<DynamicZoom>
視覚的な映像効果をもたらすこの機能は映画で使われる撮影技法の一つで、ズーム機能を自動的に調整することにより背景をドラマチックに動かしていきます。アルフレッド・ヒッチコックが使用したことでも有名です。

<タイムラプス、モーションラプス、ハイパーラプス>
タイムラプスを使用すると時間の流れが圧縮され、モーションラプスはタイムラプスの効果に加え、ジンバルの動作ポイントを設定できます。ハイパーラプスはジンバル自体が物理的に移動する状態で撮影されたタイムラプス映像になります。これら 3 つのモードは 3 軸ジンバル技術の他、スマートフォンの EIS(電子式映像ブレ補正)技術を併用し、さらに滑らかな映像を実現します。

<パノラマ>
パノラマ撮影には、3×3 パノラマ、240°パノラマ、分身パノラマの 3 種類のオプションがあり、広い視野で映像を捉えることができます。分身パノラマは人や被写体を複数回撮影し、1 つのショットに合成するユニークでクリエイティブな映像効果を実現します。

<スピンショット>
DJI Mimo アプリで有効にすると、ジョイスティックを使用し、ジンバルがスマートフォンを回転させ、映像にスピン効果を追加します。

<ストーリーモード テンプレート>
プリセットのテンプレートを選択し、クリエイティブな映像効果をコンテンツに追加できます。DJI OM 5 は、プリセットのジンバル動作、音楽、カラーパレットを使用し、SNS にぴったりの短編動画を簡単に作成することができます。

<美顔効果>
自動レタッチやパラメーターのカスタマイズ設定が可能です。カメラをフロントカメラに切り替えると、美顔効果モードが自動的にオンになります。

本体サイズは264.5×111.1×92.3 mm(展開時)、重量は290 gです。充電はUSB-C端子から行います。

engadget
▲本体カラーはアテネグレー、サンセットホワイトの2色

短時間ながら使用してみると、カメラの動きやアングルを、指定したプリセットに従って案内してくれる「ストーリーモード」などの撮影アシスト機能はさながら先生のようでもあり、『カメラワークはこうして、こういうアングルにするとかっこよく撮影できるんだ』といった具合に、自分の好奇心が満たされる感覚もありました。

Source:DJI

(更新:2021 / 09 / 09 / 0:01)初出時、本体サイズについて『収納時は前モデルの3分の1』と表記しておりましたが、正しくは3分の1小型化でした。つまり、約33%の小型化でした。訂正しお詫び申し上げます。