engadget

DJIが新型ドローン「DJI Air 2S」を発表しました。

「DJI Air 2S」は、高級コンデジに匹敵する1インチの大型イメージセンサーを搭載したドローンです。センサーの大型化によって1ピクセルあたりのサイズが2.4μmに拡大し、より多くの光情報を取り込めるようになり、従来比で鮮明な写真や動画を得られます。

この大型イメージセンサーを活かし、「DJI Air 2S」では2000万画素の写真と、5.4K / 30fps・4K / 60fps動画を最大150Mbpsのビットレートで撮影できます。

DJI Air 2S (Amazon.co.jp)

engadget

最新の操縦支援システム「APAS 4.0」を搭載しており、障害物の周辺や上下に回り込みながら、自律的かつスムーズに飛行可能。この「APAS 4.0」は前バージョンと比較して、より広い視野で障害物を検知できるほか、新たに追加した上方障害物センサーによって、高速飛行時に機体が深く前方へ傾く場合でも前方の障害物を検知できます。

また、付近を飛行中の航空機やヘリコプターが発するADS-B信号を受信し、ドローンパイロットに警告する機能も搭載します。

engadget

最大飛行時間は31分。伝送面では、4つのアンテナとDJI独自の伝送技術「OcuSync」の最新版であるO3伝送技術を搭載し、周囲に信号が多い場所でも最大12km、日本国内では8kmまで安定した映像伝送が可能です。

事前にプログラムされたモードで、プロのようなカメラワークで撮影することも可能。例えば下記のモードをプリセットしています。

  • <フォーカストラック>撮影シーンにだけに集中し、他の複雑な作業は DJI Air 2S に任せましょう。お使いのモバイル端末上で被写体をフレームで囲んで選択した後、以下の 3 種類から選択することができます。

  • <Point of Interest 3.0>被写体のまわりを自動で周回。

  • <ActiveTrack 4.0>被写体をフレーム内に捉えたまま、機体がシームレスに自動追尾します。

  • <Spotlight 2.0>パイロットはドローンの動きを制御し、一方でカメラは被写体をフレーム内に捉え続けます。

  • <クイックショット>主要機能であるクイックショット撮影モードには、ロケット、サークル、ドローニー、ヘリックス、ブーメラン、アステロイドがあります。

  • <ハイパーラプス>最大 4K の解像度での撮影が可能で、時間と動きが早送りされる空から眺めをお楽しみください。コンテンツの撮影時、電子式の映像ブレ補正を使って、滑らかな映像に仕上げることができます。

スタンダード版の本体価格は税込11万9900円。ここには、ドローン本体や送信機、バッテリー1個と必要なケーブルや部品一式を含みます。

上位版の「Fly Moreコンボ」はスタンダード版の同梱品に加え、バッテリ2個・NDフィルター・充電ハブ・ショルダーバック・DJI Care Refresh(1年版)を含み、税込16万5000円で販売します。

DJI Air 2S Fly More コンボ (Amazon.co.jp)