マグネット着脱式になったスマホ用ジンバル、DJI OM 4日本版発表

モーター強化でより重いスマホにも対応します

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2020年08月27日, 午後 12:00 in dji
0シェア
FacebookTwitter
DJI OM 4
DJI

DJIは8月27日、スマートフォン用ジンバルの新モデル、DJI OM 4を日本で発表しました。価格は1万6500円(税込)で、すでに販売を開始しています。

スマートフォンを装着して使い、撮影時に発生する手ブレを効果的に補正するという機能と、3軸電動ジンバルという製品コンセプト自体に変更はありませんが、OM 4ではスマートフォンの装着方法がこれまでとは大きく変わっているのが特徴です。

また名称に関しては、これまでスマートフォン用のジンバルには使われてきたOSMO Mobileの名称をOMと短く改称し、ブランドをリニューアルしたとのこと。

DJI OM 4
DJI

さて、前モデルOSMO Mobile 3は、スマートフォンを両側からクランプで挟み込む形でしたが、OM 4ではそのクランプ部がマグネット着脱式になりました。クランプ以外にも、スマートフォンに貼り付けるスマホリングでの固定も可能です。

収納時にはコンパクトに折りたためるのもOSMO Mobile 3から変わりませんが、クランプ部がない分だけ若干コンパクトになっています。

DJI OM 4
DJI

重さ自体も390gと軽量化されましたが、磁気リングホルダーが11.4gなので、それを含めればOSMO Mobile 3(405g)よりも重量はアップしていることに。

代わりにモーターが強化されており、OSMO Mobile 3よりも重いスマートフォン(230g ± 60g)に対応します。ヘビー級のGalaxy S20 Ultra(222g)でも安心して使えそうです。

DJI OM 4
DJI

そのほか機能面では、OSMO Mobile 3のドーリーズームに代わり、DynamicZoomを搭載します。これらは映画などで使われるズーム撮影の技法を指します。基本的に得られる画像は両者ともにと違いませんが、前者が手動だったのに対して、DynamicZoomはアプリ上から自動で行えるとのことです。

スマートフォンのカメラは年遠高機能化しており、手振れ補正も強力になりつつあります。とはいえ、やはりジンバルを利用することで、より映像の安定感は増すはずです。OM 4ではスマートフォンの固定もマグネット着脱式になったことで、撮影中に電話がかかってきても、慌てずに済むかもしれません。

source: DJI

 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: dji, osmo, osmo mobile 4, om 4, gimbal, smartphone, locking, attachment, mechanism, magnetic, leak, mount, video, hardware, photography, camera, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents