WinFuture
WinFuture

ドイツのテクノロジー系サイトWinFutureが、DJIのスマートフォン用カメラスタビライザーOsmo Mobile 4(またはOM 4)に関するリーク情報と、公式と思われるプロモーション映像を掲載しています。

共有された写真や映像から、スマートフォンの取り付け方法がマグネット式に変わっているところ。Osmo Mobile 3ではスマートフォンのサイド部分を両側からぐわしと挟み込むようにして固定する方式でした。その固定部がOsmo Mobile 4ではマグネットで着脱できるようになっています。また、スマートフォンに直接貼り付けるリング付きマグネットも用意されているようです。

マグネット固定式にしたことで、撮影の合間の移動の際などはスマートフォンを取り外し、Osmo Mobile 4を折りたたんで収納できます。

付属アプリには、カメラの前進にあわせて自動的にズームアウトすることで被写体の大きさはそのままに背景だけが変化するように見えるダイナミックズーム機能が追加されています。またActiveTrack 3.0では人やオブジェクトの自動追跡機能が賢くなりる模様。そのほか、ジェスチャーコントロールやハイパーラプスなど、Osmo Mobile 3の機能も当然引き継がれるはずです。

WinFutureによると、この新しいデバイスは付属の2450mAhバッテリーによって最大15時間駆動するとのこと。充電はUSB Type-C。価格も150ユーロ(約1万9000円)未満と伝えられています。WinFutureはまだ正式発表前ではあるものの、間もなく発売されるだろうとのことです。

source:WinFutute