engadget

NTTドコモは、2021年度内にサービスを開始する「5G SA」について、当初は法人に特化したサービスになるとの見通しを示しました。

「5G SA」(5Gスタンドアロン)は”真の5G”とも呼ばれ、5G通信における「超多接続」「超低遅延」を可能にするサービスです。

現行の5Gは、既存の4Gネットワークをベースとしつつ、部分的に5Gを展開する「ノンスタンドアロン」(NSA)と呼ばれる方式で、中核となる「コアネットワーク」は4Gのまま。このため、5Gの特徴のうち「超大容量」しか実現できていません。

一方の「5G SA」では、コアネットワークを5G化することで、5G単独でのエリア構築が可能。音声通話も「VoNR」として5G網で利用できます。

さらに、通信の用途ごとに帯域幅を細かく制御する「ネットワークスライシング」にも対応。同技術を使えば、『遠隔医療向けには一定の通信速度と低遅延を保証する』『多数のIoT機器と同時接続する』といった帯域幅や低遅延の保証が可能となり、産業における活用の幅が広がります。5Gが革新的とされる用途の多くは、このスタンドアロン5Gを前提にしています。

なお、現時点で5G SAの対応機種は決まっていないとドコモは説明しています。