NTTドコモと三菱UFJ銀行は5月11日、新たなデジタル金融サービスの提供について、業務提携契約を締結したと発表。2021年度中をめどに合弁会社の設立を予定します。

ドコモの会員基盤やデジタル販売チャネルと、三菱UFJ銀行の金融サービスを組み合わせ、三菱UFJ銀行のバンキング機能を活用したドコモユーザー向けの口座サービスを2022年中に提供開始予定です。

具体的には、取引状況に応じてdポイントが付与されるデジタル口座や、ドコモの通信料やdカードの利用代金の引き落とし口座に設定すれば、毎月dポイントが貯まる仕組みなどを検討しています。

また、d払い・dカードの利用履歴に加え、dポイント明細を確認できる仕組みや、ドコモユーザー向けの住宅ローンなど新たな金融サービスの企画・検討も進めていく考えです。

NTT docomo mufg Mitsubishi
NTT docomo mufg Mitsubishi

本提携の背景は次の通りです。

昨今の生活様式の変化に伴い、非対面化・リモート化が急速に進展しており、各事業領域でのデジタルシフトが加速しています。金融領域においても、スマートフォンアプリでのバンキング、QR決済・非接触型決済などのキャッシュレスペイメント、ロボアドバイザーによる資産運用など、デジタルサービスの利用がますます拡大しています。

こうしたデジタルサービスにおいては、ユーザ視点で考え抜かれた「利便性」やポイント経済圏の拡大に見られるような「利得性(おトクさ)」に加え、デジタル時代の不正利用・金融犯罪にも対抗し得るセキュリティ面などの「安全性」を両立させるべく、金融機関への社会的要請が高まっています。

上記のような金融領域の環境変化を踏まえて、便利さやおトクさ、より堅固なセキュリティをドコモと三菱UFJ銀行が協働で提供することで、デジタルサービスを主軸にお客さまへの新たな価値を創出していきたいと考えております。

Source : 三菱UFJ銀行

関連記事:ドコモと三菱UFJ銀行、ポイントたまる専用口座など検討 ── 各誌が報道