docomo 2021-2022 Winter Spring Model

NTTドコモは10月6日、21-22年冬春モデル8機種を発表。内訳はハイエンド3機種、スタンダード3機種、らくらくスマートフォン1機種、あんしんスマホ1機種です。なお、すべてがSIMフリー状態で販売されます。同社の5Gネットワークとahamoに対応しますが、eSIMには対応しません。各機種ごとの概要は下記の通りです。

<ハイエンド端末>

Xperia 5 III SO-53B

  • 一括価格:11万3256円

  • 実質負担総額:未定

  • 発売時期:2021年11月中旬以降

docomo 2021-2022 Winter Spring Model
Xperia 5 III SO-53B のカラーは、フロストシルバー、グリーン、ピンク、フロストブラックの4種類
docomo 2021-2022 Winter Spring Model

本製品はXperia 5シリーズの3世代目に相当するソニー製スマートフォン。横幅を68mmに抑えており、片手にフィットしやすい形状とサイズ感が売りの一つです。6.1インチ(フルHD+)ディスプレイや、70mm(光学2.9倍)と105mm(光学4.4倍)に切り替わる可変式望遠レンズを搭載。ToFセンサーやワイヤレス充電機能は省かれていますが、イヤホンジャックが備わるなど、エンタメ重視の1台でもあります(詳細はこちら)

Galaxy Z Fold3 5G SC-55B

  • 一括価格:23万7600円

  • 実質負担総額:14万2560円

  • 発売日:2021年10月6日

docomo 2021-2022 Winter Spring Model
Galaxy Z Fold3 5G SC-55B ファントムブラック
docomo 2021-2022 Winter Spring Model
docomo 2021-2022 Winter Spring Model

本製品の主な特徴は折りたたみスマートフォンとして初めておサイフケータイ(FeliCa)とIP68防水に対応したこと。Sペンにも対応し、イラストの描画や手書きのメモ帳としても利用できます。本体を開くと7.6インチの大画面が広がり、閉じれば6.2インチの縦長画面を操作できます。アウトカメラは約1200万画素x3。そのほか、4400mAhバッテリー、12GB/256GBの内蔵メモリを搭載します(詳細はこちら)

Galaxy Z Flip3 5G SC-54B

  • 一括価格:14万8896円

  • 実質負担総額:8万8176円

  • 発売日:2021年10月6日

docomo 2021-2022 Winter Spring Model
Galaxy Z Flip3 5G SC-54B のカラーは、クリームとファントムブラックの2種類
docomo 2021-2022 Winter Spring Model

こちらも折りたたみスマートフォンとして初めておサイフケータイ(FeliCa)とIP68防水に対応したことが主な特徴。スタイラスには対応しませんが、本体構造を生かした片手でのビデオチャットや自立セルフィーが可能。ディスプレイサイズは内側(メイン)が約6.7インチ、カバー側(サブ)が約1.9インチ。アウトカメラは約1200万画素x2。そのほか、3300mAhバッテリー、8GB/128GBの内蔵メモリを搭載します(詳細はこちら)

<スタンダード端末>

AQUOS sense6 SH-54B

  • 一括価格:未定

  • 発売時期:2021年11月中旬以降

docomo 2021-2022 Winter Spring Model
AQUOS sense6 SH-54B のカラーは、ブルーメタリック、ライトカッパー、ブラック、シルバーの4種類。ブルーメタリックがドコモオンラインショップ限定カラーとなる
docomo 2021-2022 Winter Spring Model
docomo 2021-2022 Winter Spring Model

本製品はsenseシリーズ初となる6.1インチIGZO有機EL(フルHD+)ディスプレイを採用したスマートフォンです。10億色の色表現が可能で、独自の高画質技術「リッチカラーテクノロジーモバイル」により、写真や動画などをきれいに表示できるとのこと。また、従来機比で11%薄型化しながら4570mAhバッテリーを備えます。アウトカメラは4800万画素標準、800万画素広角、800万画素光学2倍望遠の3眼構成。8GB/128GBの内蔵メモリを搭載します。そのほか、IP68防水防塵やFeliCa(おサイフケータイ)にも対応します(詳細はこちら)

arrows We F-51B

  • 一括価格:2万1450円

  • 発売時期:2021年12月上旬以降

docomo 2021-2022 Winter Spring Model
arrows We F-51B のカラーは、パープル、レッド、ホワイト、ネイビーの4種類。レッドがドコモオンラインショップ限定カラーとなる
docomo 2021-2022 Winter Spring Model
docomo 2021-2022 Winter Spring Model

本製品はarrowsでおなじみの堅牢性、アルコール除菌などの特徴を受け継ぎ、幅広い年代を意識した機能を備えつつ、スマホデビューを迎える人に向けた1台です。短縮ダイヤルなどが使えるシンプルモードや、フィッシング詐欺警告機能、ブザーをならして周囲に身の危険を知らせる機能などを搭載します。SoCに Snapdragon 480 5G を採用し、4GBのメモリ、64GBのストレージ、4000mAhのバッテリーを内蔵。背面カメラはマクロと広角の2眼構成です(詳細はこちら)

Galaxy A22 5G SC-56B

  • 一括価格:未定

  • 発売時期:2021年12月中旬以降

docomo 2021-2022 Winter Spring Model
Galaxy A22 5G SC-56B のカラーは、レッド、ブラック、ホワイトの3種類
docomo 2021-2022 Winter Spring Model

本製品は文字やアイコンを大きく表示したり、よく電話をかける相手を登録しておくことができるなど、初心者向けのスマートフォン。かんたんガイドブックが同梱される。RAM4GB、ROM64GBを搭載。5.8インチディスプレイやおサイフケータイ、4000mAhバッテリーを搭載。電源ボタン2度押しでカメラが起動する。端末リモート追跡機能を備え、置き忘れた場合に家族のスマホやパソコンから遠隔で探すことが可能です。

<らくらくシリーズ>

らくらくスマートフォン F-52B

  • 一括価格:未定

  • 発売時期:2022年2月以降

docomo 2021-2022 Winter Spring Model
らくらくスマートフォン F-52B のカラーは、ネイビー、ピンク、ホワイトの3種類
docomo 2021-2022 Winter Spring Model

来年で10周年を迎えるらくらくスマートフォンシリーズ。本製品では文字やアイコンが大きく表示され、タッチパネルの押しやすさを改善。初の2眼カメラ搭載でマクロ撮影が可能になったのもポイントです。シニア向けということもあり、専用電話で無料サポートを受けられるほか、らくらくコンシェルジュなども新たに追加されています。

安全に関する機能としては詐欺から守るフィッシング警告機能を備えます。また、マスク越しでも通話できるように音質が向上したとのこと。ホームボタンには指紋センサーが埋め込まれ、ロック解除のほか任意のアプリ起動が可能になりました。そのほか、ラジオや3400mAhバッテリー搭載します。カラーはピンク、ホワイト、ネイビーの3色。

<あんしんシリーズ>

あんしんスマホ KY-51B

  • 一括価格:未定

  • 発売時期:2022年2月以降

docomo 2021-2022 Winter Spring Model
あんしんスマホ KY-51B のカラーはネイビーとピンクゴールドの2色
docomo 2021-2022 Winter Spring Model

本製品は60歳以上のシニアをターゲットとしたスマートフォン。見やすい画面に電話・メールをすぐに起動できるハードウェアボタンを搭載。ボタン点滅による視認性重視の仕様もポイント。また、一度設定した設定を後から変更できないなどの不満点を踏まえ、診断や設定変更などをリモートでやってもらう機能のほか、スクリーンキャプチャやスクリーンレコード機能も備え、自己解決へとつなげる(ドコモ)とのことです。使い方ナビやガイドブックなども用意され、スマートフォンのいろはや機能紹介など、中身を知り使うきっかけ作りになるような機能も備えます。

<5G対応PC>

 ThinkPad X1 Nano

  • 一括価格:23万9976円

  • 発売日:2021年10月6日

ThinkPad X1 Nano
ThinkPad X1 Nano

スマートフォンのほかにも5G対応PCとして「ThinkPad X1 Nano」の取り扱いを発表、2021年10月6日に発売予定です。販路はドコモオンラインショップ、全国のドコモショップ、家電量販店。製品概要は既出記事をご覧ください。

ドコモ版の主な特徴はドコモの5Gに対応し、端末にSIMが挿せる仕様のため、Wi-Fi環境下でなくても使えること。回線契約なしで購入可能。いつでもカエドキプログラムの対象です。本製品で契約可能な料金プランは5Gギガホ、5Gギガライト、データプラス、ahamo。なお、ドコモによれば、ギガプランの契約があれば月額1100円から維持できるとのことです。また、サポートに関しては、レノボが用意する保守・サポートを受けることが可能ですが、ケータイ補償サービスへの加入はできません。

取り扱いを決めた背景について、ドコモは「新型コロナ禍でのテレワークの需要が高まり、スマートフォン以外でも関連サービスを使う機会が増えていることから、ドコモとしても対応端末を販売したい」としています(詳細はこちら)。


関連記事:iPhone対応ARグラス Nreal Air、ドコモとKDDIが国内販売。動画特化で軽量化