docomo

NTTドコモは、「ドコモメール」のフィッシング詐欺メール対策を目的に、ドコモおよび企業・団体の公式アカウントから送られたメールに公式マークを表示する機能を2021年5月中旬以降に実装すると発表しました。

公式アカウントから送られたメールに対して、「ドコモメール」アプリまたは「ドコモメール」(ブラウザ版)上で公式アカウントのマークを表示します。実在する企業やサービスを装い口座情報やアカウント情報などを盗み出そうとするフィッシング詐欺メールを防ぐ狙いです。

新機能は無料で、設備の改修なども不要ですが、「ドコモメール」の利用には「spモード」契約(有料)が必要です。

また、送信ドメイン認証SPF(Sender Policy Framework)を導入していることや、専用のエンベロープfromドメインを利用していることが条件となり、審査の上で契約できます。申込受付は同社ホームページにて行います。

同社によると、以下の企業で導入が決まっており、今後も順次拡大予定としています。

  • SMBCグループ

  • 佐川急便

  • 日本郵政グループ

  • 三菱UFJ銀行

  • LINE

  • 楽天

Source : NTTドコモ