docomo

NTTドコモは2021年10月7日、「プレミア」の小容量プランよりもさらに低廉な料金サービスの提供に向け、エコノミーMVNO 2社との連携に合意しました。

ドコモショップにおいて、「エコノミーMVNO」として提携したMVNO事業者の各プランを販売するほか、利用料金に応じたdポイントの進呈、サポートも行います。

第一弾の提携事業者は「フリービット」と「NTTコミュニケーションズ」です。

このうちNTTコミュニケーションズは、「エコノミーMVNO」向けに「OCN モバイル ONE」の新プランを発表。月間データ量が0.5GB(60歳以上は12か月間実質1GB)、ひと月あたり最大10分相当の無料通話を利用できる、月額550円のコースを新設しました。全国のドコモショップにて10月21日より取り扱います。

docomo
docomo

フリービットも12月以降、「トーンモバイル for docomo(仮称)」とする新ブランドを「エコノミーMVNO」向けに提供予定。その第一弾は、家族が使用しているiPhoneを見守れる「TONEファミリー」搭載のティーン向けSIMサービスとなります。

関連記事:iPhone にも AI で裸自撮り防ぐ機能──トーンモバイルが提供

「エコノミーMVNO」提携事業者は今後も拡大

ドコモは7日のオンライン会見で、「2021年3月より、ドコモと直接契約のあるMVNOへ広く情報提供を行い、協議を進めていたが、その他のMVNOとも連携に向けた協議を進めていく」と説明したうえで、今後も他のMVNOと協議していく考えを示しました。

また、「現行プランのギガライトとはどのように差別化を図るのか」という記者の質問に対しては、「お客様のニーズを踏まえながら判断し、さらなる充実を目指したい」と回答していました。


Gallery: ドコモ エコノミーMVNO 説明資料 | of 14 Photos

  • NTT docomo economy MVNO
    <p>NTT docomo economy MVNO</p>
  • NTT docomo economy MVNO
    <p>NTT docomo economy MVNO</p>
  • NTT docomo economy MVNO
    <p>NTT docomo economy MVNO</p>
  • NTT docomo economy MVNO
    <p>NTT docomo economy MVNO</p>
  • NTT docomo economy MVNO
    <p>NTT docomo economy MVNO</p>
  • NTT docomo economy MVNO
    <p>NTT docomo economy MVNO</p>
  • NTT docomo economy MVNO
    <p>NTT docomo economy MVNO</p>
  • NTT docomo economy MVNO
    <p>NTT docomo economy MVNO</p>
  • NTT docomo economy MVNO
    <p>NTT docomo economy MVNO</p>
  • NTT docomo economy MVNO
    <p>NTT docomo economy MVNO</p>
  • NTT docomo economy MVNO
    <p>NTT docomo economy MVNO</p>
  • NTT docomo economy MVNO
    <p>NTT docomo economy MVNO</p>
  • NTT docomo economy MVNO
    <p>NTT docomo economy MVNO</p>
  • NTT docomo economy MVNO
    <p>NTT docomo economy MVNO</p>


<エコノミーMVNOの定義>

  • ドコモとの連携について合意し、以下の特徴や機能をもった料金サービスを提供するMVNO

  • 低廉で小容量の料金プランを提供

  • マイページへのアクセスやサービス認証等にdアカウントをメインで使用

  • dポイントクラブ加盟店となり、通信料、サービス利用に対してdポイントを付与

  • 通信料金へのdポイントの充当が可能

  • 連携にあたっては、ドコモが別に定める条件等への合意が必要

<ドコモショップで行えること>

  • エコノミーMVNOの料金サービスの新規契約の受付(SIMカードの発行、開通を含む)

  • ドコモスマートフォン等の端末販売

  • ドコモショップで購入された端末の初期設定のサポート(APN設定やdアカウントの設定など)

  • ドコモ販売チャネル購入端末の故障受付

  • ドコモスマホ教室の受講

<その他の留意事項>

料金サービスの提供主体がMVNOとなるため、ドコモからの移行の場合はMNPを利用した解約の手続きとなるため、ドコモの回線継続利用期間の引継ぎやドコモメールなどのキャリアフリー化していないサービスの継続利用、ファミリー割引などのドコモの割引サービスの適用はできない。

ドコモショップで取り扱うエコノミーMVNOは、ドコモのネットワークを利用したものに限る。なお、それらの通信エリアはドコモのネットワークと同様だが、通信速度はMVNOにより異なる。


Source:NTTドコモ , NTTコミュニケーションズ , フリービット