NTT docomo
Rintaro Kaneko / Engadget

2021年10月14日午後5時ごろから続いていた通信障害について、NTTドコモが15日午後2時からオンラインで緊急会見を開く、と発表しました。それによると、田村穂積副社長と小林宏ネットワーク本部長、引馬章裕サービス運営部長が出席する予定です。

携帯電話の音声通話やデータ通信が利用しづらくなった今回の通信障害によって、NTTドコモやahamoだけでなく、NTTドコモの通信設備の一部を借り受けて、「IIJmio」などの格安SIM(MVNO)サービスを提供する通信事業者にも影響が及びました。

通信障害発生から約3時間後の14日午後7時57分に復旧報がでたものの、その後も長時間にわたって通信がまったくできない、あるいは通信速度の遅い状態が続きました。5Gと4Gの障害は15日午前5時5分にすべて復旧した、との公式発表がありましたが、3Gの復旧作業には時間がかかっている、とのことです(15日午前11時50分時点)。

この原因について、NTTドコモは「ネットワーク工事の切り戻しに伴う信号量増大によるネットワーク輻輳」と説明しており、IoT機器向けのネットワーク工事の過程でロールバック(元に戻す作業)を行った結果、同機器からの信号が増え、音声通話やデータ通信が利用しづらい状況が続きました。

今回の大規模な通信障害について、金子恭之総務大臣は閣議後の記者会見で「このように大規模な影響を及ぼす障害が発生したことは、大変遺憾であります」と発言。NTTドコモに対して原因究明や再発防止の徹底に努めるよう要請したことを明らかにしました。

*内容を追加しました


関連記事:

ドコモ通信障害、5Gと4Gは朝5時に全回復 3G表示の場合は再起動を──同社呼びかけ

ドコモ、通信障害の原因を発表 IoT関連の工事で信号量が増大