engadget
Engadget Japan

NTTドコモは、Sub-6と呼ばれる比較的低い周波数帯を使った5Gを、受信最大4.2Gbpsへ高速化します。

高速化は、3.7GHz帯と4.5GHz帯をキャリアアグリゲーション(Sub6-CA)で束ねることで実現します。対応端末は「Galaxy Note20 Ultra」「Xperia 5 II」の2機種で、12月に配信するソフトウェア更新を適用することで利用できるようになります。

ドコモは現在、広い帯域幅を確保できる「ミリ波」(28GHz帯)を使って、受信最大4.1Gbpsを実現していますが、今回の高速化によって、そこまで広い帯域を確保できるわけではない「Sub6」において、ミリ波を超える通信速度を達成した格好です。