NTTドコモは、政府が強く要請している携帯料金の値下げについて、メインブランドで20GBが2980円の新プランの導入を軸に検討しているとFNNが報じました。

KDDIとソフトバンクはそれぞれ、割安なサブブランド(UQモバイル・ワイモバイル)で、割安な20GBプランを新設しますが、NTTドコモはサブブランドではなく、メインブランドで20GBが2980円の新プランを新設し、2021年春にも導入する方向で調整しているとのこと。

新プランは12月3日にも発表し、自社内でプラン移行する場合には、手数料は取らない方向とも伝えられています。

月額2980円は楽天モバイルが提供する音声通話・データ通信無制限の「Rakuten UNLIMIT」と同額となります。なお、ドコモが提供するという新プランの料金に、通話定額が含まれているのかは伝えられていません。

同報道についてNTTドコモ広報部は「決まったことはございません」とコメントしました。

Source:FNN

関連
『携帯3社値下げで楽天とMVNOが窮地に』懸念に総務相「そんなわけない」