NTTドコモ、KDDI、沖縄セルラー電話、ソフトバンクは、災害時に音声メッセージをパケット通信で送れる「災害用音声お届けサービス」の提供を2022年3月31日で終了すると発表しました。

災害用音声お届けサービスは、日本国内での大規模災害時に電話がつながりにくくなった場合に、音声通信に代わってパケット通信により安否などの音声メッセージを届けることが可能です。

NTTドコモは災害用音声お届けサービスの提供を2012年3月1日に開始し、携帯電話事業者4社による相互利用を2013年4月1日に開始しました。

提供終了理由について、携帯電話事業者4社は、「昨今、音声メッセージなどをパケット通信で送れる類似サービスが数多く存在し、災害時でも災害用音声お届けサービス以上の内容を提供できる環境が広く普及したため」と説明しています。

なお、同サービス終了後も災害用伝言板で安否確認ができるほか、「+メッセージ」のボイスメッセージ送信でも音声メッセージをパケット通信で送れます。

Source:NTTドコモ